Markdown
Ubuntu16.04LTS
,Grav

Markdown記法に対応したCMS GravをUbuntu 16.04にインストールする

More than 1 year has passed since last update.

Qiitaに記事を投稿してみて、Markdown記法が気に入ったのでMarkdown記法に対応したCMSを探してみました。

色々調べたところ日本語にも対応しているGravを使ってみることにしました。

GravをUbuntu16.04にインストールしたときのまとめです。


PHPのインストール


apt-getでインストールできるもののインストール

apt-get install php7.0 php7.0-fpm php7.0-cli php7.0-gd php7.0-mbstring php-pear php7.0-curl php7.0-dev php7.0-opcache php7.0-xml 

apt-get install php-zip


apcu PHP extensionのインストール

peclでインストールします。

pecl install apcu

apcu.iniを/etc/php/7.0/mods-availableに作成します。


apcu.ini

extension=apcu.so


/etc/php/7.0/fpm/conf.d/にシンボリックリンクを張ります。

ln -s /etc/php/7.0/mods-available/apcu.ini /etc/php/7.0/fpm/conf.d/20-apcu.ini


Yaml PHP extensionのインストール

依存関係のあるlibyaml-devをapt-getで先にインストールしてから

peclでインストールします。

apt-get install libyaml-dev

pecl install yaml-2.0.0

yaml.iniを/etc/php/7.0/mods-availableに作成します。


yaml.ini

extension=yaml.so


/etc/php/7.0/fpm/conf.d/にシンボリックリンクを張ります。

ln -s /etc/php/7.0/mods-available/yaml.ini /etc/php/7.0/fpm/conf.d/20-yaml.ini


www.confの修正

Nginxの実行ユーザーがnginxなので該当部分を修正、アクセス権を修正します。

vi /etc/php/7.0/fpm/pool.d/www.conf


www.conf

   ・

   ・
user = nginx
group = nginx
   ・
   ・
listen.owner = nginx
listen.group = nginx
listen.mode = 0660


Composerのインストール

ComposerはPHPの依存関係マネージャです。

必要なすべてのライブラリと依存関係を解決します。

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

mv composer.phar /usr/local/bin/composer


Nginxのインストール

標準でインストールされるNginxは少し古いので公式nginxをリポジトリに追加してインストールします。

リポジトリリストにnginx.listを追加します。



vi /etc/apt/sources.list.d/nginx.list


nginx.list

deb http://nginx.org/packages/ubuntu/ xenial nginx

deb-src http://nginx.org/packages/ubuntu/ xenial nginx

Nginxサイトが配布するPGPキーを追加後、Nginxをインストールします。

curl http://nginx.org/keys/nginx_signing.key | sudo apt-key add -

apt-get update
apt-get install nginx


Gravのインストール

VirtualHostでサービスするのでディレクトリを作成します。

所有者をnginxに変更します。

※www.sample.localは実際のURLに変更してください。

mkdir -p /virtual/public/www.sample.local

chown -R nginx.nginx /virtual/public/www.sample.local

gitをインストールしてgitでGravをダウンロードします。

apt-get install git

cd /virtual/public/
git clone https://github.com/getgrav/grav.git

Gravをインストールします。

cd grav

composer install --no-dev -o
./bin/grav instal
./bin/gpm install admin

VirtualHostのディレクトリにコピーします。

cp -R grav/* www.sample.local/

Nginxの設定ファイルをコピーし、修正します。

cp webserver-configs/nginx.conf /etc/nginx/conf.d/grav-admin.conf

vi /etc/nginx/conf.d/grav-admin.conf


  1. #listen 80;のコメントを外します。

  2. rootディレクトリを修正します。

  3. serverを修正します。

  4. fastcgi_passを修正します。


grav-admin.conf

server {

listen 80;
index index.html index.php;

## Begin - Server Info
root /virtual/public/www.sample.local;
server_name www.sample.local;
## End - Server Info
     ・
     ・
## Begin - PHP
location ~ \.php$ {
# Choose either a socket or TCP/IP address
fastcgi_pass unix:/var/run/php/php7.0-fpm.sock;
# fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
fastcgi_index index.php;
include fastcgi_params;
fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root/$fastcgi_script_name;
}
## End - PHP
}



php-fpmとNginxを再起動する。

service php7.0-fpm restart

service nginx restart


Gravのサイトにアクセスします。

ブラウザで閲覧すると自動的にadminディレクトリに移動します。

grav_init.png

各項目を入力してCreate Userをクリックします。

- Username → 小文字のみでユーザ名を決める

- Email → メールアドレス

- Password →パスワード(英大文字、英小文字、数字を含める)

- Confirm Password →パスワード確認

- Full name → サイトに表示される名称

- Title → 肩書

管理者画面に移動します。

grav_admin.png

左側のメニューのユーザー(ここではサイト管理者)をクリックするとユーザー設定画面に移動します。

grav_jpn1.png

Languageを日本語に変更してSaveをクリックすると日本語に切り替わります。

grav_jpn2.png

それでは、Gravをお楽しみください。


参考にさせて頂いたサイト