search
LoginSignup
0

posted at

【AWS】EBS縮退作業メモ

状況

EC2: amazonlinux2
縮退前EBS: gp2 100GB
縮退後EBS: gp3 30GB

作業時間目安

EBSスナップショット作成: 30秒~60秒/GB
EBS同期(rsync): 2~3分/GB

手順

1. スナップショット作成

「アクション->イメージとテンプレート->イメージを作成」から縮退対象のインスタンスのAMIとEBSスナップショットを取得
取得後に復元しボリュームとして利用可能な状態に
※この時「再起動をしない」チェックはONにしない。再起動を行わないとスナップショット内のデータが壊れる可能性あり(AWS非推奨
Untitled Diagram-Page-2 (1).jpg

2. 新規インスタンスと同時に縮退後のEBSを作成

縮退対象EC2と同じAMI・AZでEC2インスタンスを作成(「コミュニティAMI」でAMIIDで検索して一致するものを指定)し、ストレージを縮退後のサイズに指定
作成が完了後、インスタンスを停止し、EBSをデタッチしてからインスタンスを削除
これで縮退後のEBSが完成

Untitled Diagram-Page-2 (3).jpg

3. 縮退対象インスタンスに同期用のEBSと、縮退後のEBSをアタッチする

縮退対象インスタンスに計3つのボリュームがアタッチされている状態に

Untitled Diagram-Page-1 (1).jpg

4. 同期用EBSと縮退後EBSを同期

MOUNTPOINTに「/」と表示されているものがルートボリュームなので、それ以外をマウントし同期作業を行う

[ec2-user@ip-10-0-0-162 ~]$ lsblk
NAME          MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
nvme0n1       259:0    0   100G  0 disk
├─nvme0n1p1   259:1    0   100G  0 part /
└─nvme0n1p128 259:2    0   1M    0 part
nvme1n1       259:3    0   100G  0 disk
├─nvme1n1p1   259:4    0   100G  0 part
└─nvme1n1p128 259:5    0   1M    0 part
nvme2n1       259:6    0   30G   0 disk
├─nvme2n1p1   259:7    0   30G   0 part
└─nvme2n1p128 259:8    0   1M    0 part

[ec2-user@ip-10-0-0-162 ~]$ sudo mkdir /mnt/new /mnt/old
[ec2-user@ip-10-0-0-162 ~]$ sudo mount -o nouuid /dev/nvme2n1p1 /mnt/new
[ec2-user@ip-10-0-0-162 ~]$ sudo mount -o nouuid /dev/nvme1n1p1 /mnt/old

[ec2-user@ip-10-0-0-162 ~]$ lsblk
NAME          MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
nvme0n1       259:0    0   100G  0 disk
├─nvme0n1p1   259:1    0   100G  0 part /
└─nvme0n1p128 259:2    0   1M    0 part
nvme1n1       259:3    0   100G  0 disk
├─nvme1n1p1   259:4    0   100G  0 part /mnt/old
└─nvme1n1p128 259:5    0   1M    0 part
nvme2n1       259:6    0   30G   0 disk
├─nvme2n1p1   259:7    0   30G   0 part /mnt/new
└─nvme2n1p128 259:8    0   1M    0 part

[ec2-user@ip-10-0-0-162 ~]$ sudo rsync -ax --delete /mnt/old/ /mnt/new/

[ec2-user@ip-10-0-0-162 ~]$ sudo umount /mnt/new
[ec2-user@ip-10-0-0-162 ~]$ sudo umount /mnt/old
5. 不要になったEBSをデタッチしてルートボリュームを再設定

縮退対象EC2を停止したのち、全てのEBSを一度デタッチし、縮退後EBSをルートボリュームとしてアタッチする
このとき、デバイス名は縮退対象EC2のルートデバイスと同じにする必要がある

Untitled Diagram-Page-1 (2).jpg

6. 不要になったEBSを削除

お片付けして作業終了

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0