powerline

Powerlineのインストール on Mac

More than 1 year has passed since last update.

at Sierra 10.12.6

Powerlineについては説明を省略します。Terminalでの表示がカッコよくなるやつです。

一般的なインストール方とか設定は他を見ましょう。Macで引っかかったところを書きます。

インストール

Powerlineの動作にはv8以降が必要なのでMacVimを入れる

brew install macvim --with-override-system-vim --with-python3 --with-lua --with-luajit

次にPowerlineを入れる

pip3 install --user powerline-status

MacVim

MacVimはこの時点で起動できるようになっていて mvim という別名が切ってある。

普通に mvim とするとGUIが起動するけど、mvim -vだとCUIで起動する。

めんどいので .zshrcalias vim='mvim -v' としてもよいかもしれない。

Powerlineのセットアップをする人ならGUI版は使わないのかもしれないけど、フォントの設定さえすればちゃんとPowerlineがvimのと同じで動きます。

Powerlineの設定ファイルを読み込み

pipで --user を指定するとユーザ領域にインストールしてくれるんですが、それは ~/Library/Python/3.6/lib/python/site-packages/powerline/bindings/ で、以下に各プログラム用のファイルがある。

vimだと

set rtp+=~/Library/Python/3.6/lib/python/site-packages/powerline/bindings/vim/

tmuxだと

source ~/Library/Python/3.6/lib/python/site-packages/powerline/bindings/tmux/powerline.conf

zshだと

source ~/Library/Python/3.6/lib/python/site-packages/powerline/bindings/zsh/powerline.zsh

参照

http://raichel.tech/web/vim-powerline
https://qiita.com/macoshita/items/63188395375686cd6e79