Vim
homebrew
macvim

homebrewでmacvimを入れてviを置き換える

More than 1 year has passed since last update.


やりかた


  • brew install macvim --with-override-system-vim


  • export PATH=/usr/local/bin:$PATHを.bash_profileに書く


macvimってGUI専用だと思ってました……

恥ずかしながらmvim -vというコマンドを初めて知りました。。mvimはmacvimをインストールするとついてくるコマンドで、 vオプションでsystem vimのようにターミナル上で起動する ことができます。

置き換えるメリットは以下のようなところでしょうか。


  • OSのクリップボードとの連携

  • 比較的あたらしいバージョンのvimを利用できる


    • かつ、brewでupdateできる




補足

置き換えについてはalias vim="mvim -v"としても良いでしょうが、homebrewのオプションを眺めていたら便利なのを見つけたので、活用することにしました。

PATHの先頭に/usr/local/binを書いて/usr/binより優先させることでsystemのvimを置き換えています。これについてはbrew install後にbrew doctorすると親切に教えてくれます。


注意点


  • vi, view, vimdiff なども置き換わります。

  • まだmacvimをこういうふうに使うことでのデメリットが見えてません。戻すの難しくないし置き換えてみてます。いまのところ不満ないです。

  • 以前はhomebrew-caskを使って入れていたけど、もしこっちを使うならoverride-system-vimとか便利オプションないので自分でゴリゴリalias書く必要があります。というか、多分使わないのが正解だと思います。