Edited at

EmacsからVisual Studio Codeに移るメモ(随時更新予定)

随時更新していく予定です。


Emacsのあれはどれ編


.emacs.d

OSによりますが、Macの場合は~/Library/Application Support/Code/User/です。ファイルは2つあるので以下のようにしてシンボリックリンクにしています。

ln -s settings.json  ~/Library/Application\ Support/Code/User/

ln -s keybindings.json ~/Library/Application\ Support/Code/User/


M-x

⌘-Shift-p


隠しフォルダを開く

これはMacのデフォルトの機能ですが、⌘-Shift-.を押すと一時的に出てくるのでそこで選択できます。


emacsclient

codeをインストールすれば同じように使えます。⌘-Shift-pでインストールしましょう。


describe-key

Code > Preferences > Keybord Shortcuts

で色々検索できます。便利。


C-g

少々遺憾ですがESCキーを押します。


C-x b

ブラウザと同じで^-Tab ^-Shift-Tabで行ける。検索したい場合はworkbench.action.quickOpenworkbench.action.quickOpenNavigateNextInFilePickerが使える(デフォルトは⌘-p)。


toggle-trucate-lines

Toggle Word Wrap


require-final-newline

"files.insertFinalNewline": trueを設定


Emacsのあれを拡張機能で実現したい

GUIでもできますが、codeをインストールしておくと良いです。

# リスト

code --list-extensions

# インストール
code --install-extension hogehoge


リージョン

一番気になるやつです。

拡張機能がいくつかありますが、一部バグっていたり更新が止まっていたりしてつらいです。今のところayrtonmassey.emacs-regionを使っています。


tramp

今までEmacs以外を使えなかった理由の1つだったtramp。Remote Developmentが最高すぎて最高なのでそんなことはもう言ってられません。これが使いたいから移ったと言っても過言ではない。

VSCodeのRemote Developmentを使ってリモートのRuby(Sinatra)をデバッグする - Qiita


recenter-top-bottom

C-lです。いくつか拡張機能あるみたいですが動かなかったりしました。今はyeannylam.recenter-top-bottomを使っています。keybindは自前で割り当てる必要があります。


whitespace

shardulm94.trailing-spacesがよさげ


expand-region

letrieu.expand-regioneditor.action.smartSelect.expandを適当なキーに当てる


git-link

ziyasal.vscode-open-in-github


open-junk-file

patricklee.vsnotesをインストールしていい感じに設定します。機能が豊富で便利。


便利な設定とか


markdown

shd101wyy.markdown-preview-enhanced yzhang.markdown-all-in-one をインストールすると最高の環境が手に入る。


コピペしたら書式も一緒にコピペされる

VSCodeでコピーする時に「書式なし」をデフォルトにする - Qiita


C-x C-f とか

vscodeのFiles ExplorerのショートカットをEmacs風に - $shibayu36->blog;