Help us understand the problem. What is going on with this article?

お絵かきできるSNSを作りたい!8

レイヤーの実装していきます。

↓この部分
WS000000.JPG

まず、ラジオボタンのname属性を同じにします。

<p><label><input type="radio" name="rdoLayer" checked>上レイヤー</label></p>
<p><label><input type="radio" name="rdoLayer">下レイヤー</label></p>

これで両方のラジオボタンにチェックが付く状態から、片方1つにチェックが付く状態になります。
次にレイヤーを作るに辺りcanvasが2枚必要なので増やしました。

↓変更前

<canvas id="canvas" width="800" height="600"></canvas>

↓変更後

<div id="canvasarea">
<canvas id="canvas" width="800" height="600"></canvas>
<canvas id="canvas2" width="800" height="600"></canvas>
<!--/#canvasarea--></div>

↓スタイルシートはこんな感じ。

#canvasarea{
    width: 800px;
    height: 600px;
    background-color:#FFF;
}
#canvasarea:after, #canvasarea:before {
    content: "";
    clear: both;
    display: block;
}
#canvas{
    z-index:2;
}
#canvas2{
    z-index:1;
}
#canvas2,#canvas {
    width: 800px;
    height: 600px;
    position: absolute;
}

canvas自体を position:absolute にして、canvasを入れている#canvasareaは疑似要素で clear:both を付けました。
そして、#canvasの方が上に来るようにz-indeを2にしています。(#canvas2は1)

最後にJSです。
今までの処理に下レイヤー用の#canvas2をコピペし、各動作の前にレイヤーの上レイヤーと下レイヤーどちらを選ばれているかを確かめる処理を追加しました。

冗長で長くなるので差分は↓をご覧下さい。

[github]今回の修正内容はこちら

↓黒で上レイヤー・紫で下レイヤーを使いました。
WS000000.JPG

ちゃんとレイヤーになってますね。
これで右側のカラーパレット・線の太さ・レイヤーが完成です。
WS000001.JPG

次回は下の実装を行います。
WS000002.JPG

最初:お絵かきできるSNSを作りたい!

cardcapt
プログラミングが苦手なWEBエンジニアです。
http://chixi.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした