Edited at

【STATA】outreg2を使って基本統計量を綺麗な表(word, excel)に出力する


目的

統計ソフトSTATAのoutreg2を用いて、変数の基本統計量(データ数平均、標準偏差、最大値、最小値)を論文に載っているようなきれいな表に出力する。


環境


  • STATA13.0


サンプルコード

outreg2をインストール(すでにインストールされている場合はこの手順をスキップ)

ssc install outreg2

使うファイルを指定。(今回はサンプルデータを利用するためsysuse...としてある点に注意。)

sysuse auto, clear

result.xlsファイルに表を出力

※Wordファイルに出力したい場合は、拡張子を.docに変更すれば可能。

outreg2 using result.xls, replace sum(log)

下記画像のような結果が得られたら、windowsユーザーの人は、画像下部の青いresult.xlsをクリック。

※macユーザーはdir: seeoutをクリック(たぶん…)

20190412b.PNG


結果

excelで見ると下記画像のような感じ。

20190412b.PNG

パワポなどに張り付けると下記画像のような感じ。

20190412b.PNG


追記

以下のようにオプションにkeep(任意の変数名)と付け加えることで、任意の変数のみで表を作成できる。

outreg2 using result2.xls, replace sum(log) keep(変数1 変数2 変数3)


参考文献