Help us understand the problem. What is going on with this article?

伝える系の英語とnote, notice, notification…の使い分け

はじめに

「コメントを書く」「言及を行う」「情報を述べる」「説明を書く」あたりの英語(主に名詞)が混同するので、まとめました。

特に、

<div class="note"></div>
<div class="notice"></div>
<div class="notification"></div>

あたりはいつも悩むので、note系とそれ以外でまとめました。

これ系の命名ガイドラインみたいなのがあるかもしれませんが、
使用頻度、結論は筆者のセンスによる独断なので、
「これもよく使う」「いや、こういう用途でははこの命名が鉄板」、とかがあれば教えてください。

本題

響きに“note”を含んでいるもの

※「使用頻度」はHTMLのクラス名としてよく見かけた記憶がある、程度です

英語 意味 使用頻度 補足
note 記録、ノート、書き込み フォーマル。伝える気はあまりない
notice 通知、警告 カジュアル。伝える気がある
notification 通知
notify 知らせる、通知する × 動詞
notation 表記法、表示法、記法、記譜法 ×
annotation 注釈
notion 概念 ×

その他通知、コメントっぽいもの

英語 意味 使用頻度 補足
memo 手控え、覚え書き
memorandum 覚え書き、備忘録、メモ ×
memoranda 報告書、意見書、覚書 × memorandum の複数形
text 教科書、本文 とりあえず本文っぽい要素につける
description 記述、描写、説明 meta文言の決まり文句でもあり、本文クラスにもよく使ってる
comment 論評、解説、説明 コメントアウトとの使い分けに注意
caution 用心、注意、警戒、警告 「※」が付くものには最適かも
warning 警告、注意
alert 警報
attention 注意、注目
remark 注目、関心 / 意見、見解、所見
acknowledgement 謝辞、受け取りの通知[証明]、領収書、礼状 × 論文の謝辞
mark 記録をつくること、しるしをつけること、目印を置くこと
ad 広告 広告(略語)
advertising 広告、広告業 × 広告
advertisement 広告 広告
point out 指摘する
commentary 注釈、解説、注解書、コンメンタール ×
supplementation 補足、補遺、増補、付録、付記 ×
explanation 説明、釈明 ×
appendix 付録、追加、補遺 基本、付録の意味でのみ(論文の付録セクションとしては一般的)

よく書くHTML(偏見)

<aside class="appendix">
  <h1 class="heading">追加資料</h1>
  <p class="warning">警告: あくまでも自己責任でお願いします!</p>
  <p class="description">本章では追加の資料を記載します。</p>
  <p class="notification">これは2015年10月4日に書かれた記事です。<br>古くなっている可能性があるのでご注意ください。</p>
  <div class="content">
    <p>ここが本題。サンプルサンプル。</p>
    <p class="comment"><small>(もっと完璧な説明を書きたい…。)</small></p>
  </div>
  <p class="notice"><small>※これはサンプルです</small></p>
</aside>

まとめ

他を調べきれてないので早急な結論ではありますが、
「伝えたい」という要素のクラスにはnotice、
「参考程度の情報」という要素のクラスにはnote
が最適だと思います。

参考・転載元

ことのはの散策 in 情報,工学,諸々: 2014年1月
notation: 表記法,表示法,記法

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away