LoginSignup
18

More than 1 year has passed since last update.

1.4.Google Driveマウント

Last updated at Posted at 2021-02-28

概略

Linuxではgoogle-drive-ocamlfuseというツールでGoogleドライブをマウントできます。Windowsの「バックアップと同期」ツールでもGoogleドライブのファイルにアクセスできますが、下記の違いがあります。

違い バックアップと同期 google-drive-ocamlfuse
ストレージ容量 同期なのでGoogleドライブ内の容量と同じだけ必要。 マウントなのでほとんど使用ない。
一時ファイル Windowsの一時ファイルを大量に吐き出す(未確認)。あっという間にストレージ容量がなくなるので定期的にディスクのクリーンアップを実施する必要がある。 マウントなので一時ファイルは出力されない。
パフォーマンス ローカルにコピーされているので同期時に重くなるがそれ以外は通常のファイルを操作するのと変わらない 常にネットワークを介して反映されるので重い
複数起動 Googleドライブの複数アカウント同時同期数は3つまで。また、複数アカウントの同期を行うとWindowsの起動が遅くなる。 マウント数に制限はない(3つまで可能なことは確認済み)。WSL上でのマウントなのでWindowsの起動に影響が出ることはない。
信頼度 Googleドライブとの同期に失敗することがしばしばあり、その再同期を手動で実施する必要がある。 ネットワークが切断されない限り問題ないが、突然ネットワークが切れると固まる可能性がある。

google-drive-ocamlfuseを使用してマウントし、Windows側からネットワークドライブの割り当てを行えばローカルのストレージと同様に使用できるようになります。
下記のようなイメージになります
WSL-GoogleDriveマウント図


google-drive-ocamlfuseインストール

WSL上に下記手順でgoogle-drive-ocamlfuseをインストールします。

1.apt実行

aptにリポジトリを登録してインストールします。

インストール
$ sudo apt install software-properties-common
$ sudo add-apt-repository ppa:alessandro-strada/ppa
$ sudo apt update
$ sudo apt -y upgrade
$ sudo apt install google-drive-ocamlfuse

2.Browser偽装ファイル作成

google-drive-ocamlfuseを使用するために下記の認証作業が必要です。XWindow(LinuxのWindowシステム)がインストールされている場合は問題ありませんが(直接Chromeなどを利用できない)CLI環境ではブラウザによる認証ができないため、Windows側のブラウザで認証を通します。
ブラウザの起動Shellに見せかけた偽装ファイルを作成します。

偽装ファイル作成
$ sudo vim /bin/firefox

下記内容を記載してください。

firefox
#!/bin/sh
echo $* > /dev/stderr

作成後、ファイルの権限を調整します。

権限調整
$ sudo chmod 777 /bin/firefox

これでgoogle-drive-ocamlfuseを起動したときにアクセストークンの取得URLがコンソールに吐き出されます。


実行

google-drive-ocamlfuseを使用するために下記の作業が必要です。
ここでは例としてGooglePrivateGoogleBusinessの2つのGoogleドライブについてマウントします。

1.Read/Write許可設定

google-drive-ocamlfuseではLinuxでユーザ側のアプリケーションレイヤーでファイルシステムを実現する仕組みとして、FUSE(Filesystem in Userspace)を使用します。
google-drive-ocamlfuseコマンドは後でfstabに設定するためrootユーザで実行します。
そのファイルシステムでWindowsユーザ(root以外のユーザ)が読み書きを自由に行うために下記設定をします。

FUSE設定
$ sudo su
# vim /etc/fuse.conf

ファイル末尾の下記コマンドのコメントを外してください。

vim.conf
user_allow_other

2.マウントポイントの設定

GooglePrivateGoogleBusinessの2つのGoogleドライブについてのマウントポイントを作成します。

マウントポイント作成
# mkdir -p /mnt/GooglePrivate
# mkdir -p /mnt/GoogleBusiness
# chmod 777 /mnt/GooglePrivate
# chmod 777 /mnt/GoogleBusiness

3.初回GooglePrivateマウントコマンド実行

まず、GooglePrivateのGoogleドライブについてマウントします。
#(プロンプト)行のコマンドを実行するとURLが表示されるのでURLをコピーしてください。
コマンド実行中の状態になります。

マウントコマンド実行
# google-drive-ocamlfuse -o allow_other -label GooglePrivate /mnt/GooglePrivate
/bin/sh: 1: xdg-open: not found
https://accounts.google.com/o/oauth2/auth?client_id=0123456789.apps.googleusercontent.com&redirect_uri=https%3A%2F%2Fgd-ocaml-auth.appspot.com%2Foauth2callback&scope=https%3A%2F%2Fwww.googleapis.com%2Fauth%2Fdrive&response_type=code&access_type=offline&approval_prompt=force&state=xxxxxxxxxxxxxx

4.アカウント選択

Windows側のブラウザを開き、「3.」でコピーしたURLにアクセスします。
複数対象アカウントがある場合はアカウント選択画面が表示されるので対象のGoogleドライブのアカウントを選択します。
アカウント選択

5.Googleドライブへのアクセス許可

許可ボタンを押下します。
アクセス許可

成功すると下記画面に遷移します。
gdfuse

その後、WSL側では下記のようにAccess token retrieved correctly.が表示され入力プロンプトに戻ります。※1分程度待つ場合があります。

ブラウザで許可後
# google-drive-ocamlfuse -o allow_other -label GooglePrivate /mnt/GooglePrivate
/bin/sh: 1: xdg-open: not found
https://accounts.google.com/o/oauth2/auth?client_id=0123456789.apps.googleusercontent.com&redirect_uri=https%3A%2F%2Fgd-ocaml-auth.appspot.com%2Foauth2callback&scope=https%3A%2F%2Fwww.googleapis.com%2Fauth%2Fdrive&response_type=code&access_type=offline&approval_prompt=force&state=xxxxxxxxxxxxxx
Access token retrieved correctly.
#

6.初回GoogleBusinessマウントコマンド実行

GooglePrivateGoogleBusinessに変更して「3.」-「5.」を実施してください。

7.失敗時の対応

下記の通り、アンマウントを行い、設定ファイルを削除後、「3.」-「6.」を実施してください。

アンマウントと設定ディレクトリ削除
# fusermount -u /mnt/GooglePrivate
# fusermount -u /mnt/GoogleBusiness
# rm -rf ~/.gdfuse

WSL起動時マウント設定

2度目以降の起動時は認証がいらないので下記設定をしておき、自動でマウントするようにします。

1.gdfuseコマンド作成

fstabに設定するためのマウントコマンドshellを作成します。

# vim /usr/bin/gdfuse

下記の通り記載してください。

gdfuse
#!/bin/bash

/usr/bin/google-drive-ocamlfuse -label $1 $*
exit 0

権限を設定します。

権限設定
# chmod 755 /usr/bin/gdfuse

2.fstab設定

# vim /etc/fstab

下記をファイル末尾に追記してください。

fstab
gdfuse#GooglePrivate /mnt/GooglePrivate fuse uid=0,gid=0,allow_other,user,_netdev 0 0
gdfuse#GoogleBusiness /mnt/GoogleBusiness fuse uid=0,gid=0,allow_other,user,_netdev 0 0

3.確認

一度アンマウントしてマウントしてみてください。

アンマウント
# exit
$ sudo fusermount -u /mnt/GooglePrivate
$ sudo fusermount -u /mnt/GoogleBusiness

アンマウントされていることを確認

アンマウント確認
$ ls -la /mnt/GooglePrivate
$ ls -la /mnt/GoogleBusiness

マウント

マウント
$ sudo mount -a

マウントされていることを確認

マウント確認
$ ls -la /mnt/GooglePrivate
$ ls -la /mnt/GoogleBusiness

1.3.Windowsドライブマウント設定 < 前 1.4.Google Driveマウント設定 次 > 1.5.WSLでのsystemctl設定

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
18