ソースコードビルドをするときに自分で決めたルールのメモ

More than 3 years have passed since last update.


ディレクトリの使い方

path
usage

/usr/local/share/downloaded/
ソースコードのダウンロード先

/usr/local/src/
ソースコードの解凍・コンパイル

/usr/local/lib/
ビルド先

/usr/local/
bin ディレクトリのシンボリックリンク生成先

/usr/local/etc/ld.so.conf.d/
soファイルパス設定ファイル設置



  • 本当は実行ファイル自体のシンボリックリンクを /usr/local/bin に作った方がいいのかもしれないけど、以下の理由で回避:


    • /usr/local/bin には普通PATHが通っちゃってるので、むやみに実行可能なプログラムを増やしたくなかった

    • ひとつのビルドで複数の実行ファイルができることがあって、いちいちシンボリックリンク貼るのが面倒



  • /usr/local/etc/ld.so.conf.d/ 以下の.confファイルを /etc/ld.so.conf.d/ 以下にシンボリックリンクを貼る



ディレクトリの作成

sudo mkdir -p -m 0777 ¥

/usr/local/share/downloaded/ ¥
/usr/local/etc/ld.so.conf.d/


必須パッケージ

yum list installed wget tar gcc gcc-c++ make nano


  • 入ってなければインストールする


必須パッケージのインストール

sudo yum install wget tar gcc gcc-c++ make nano