VirtualBox

プロキシ環境下でVirtualBoxを使うときの設定メモ

More than 3 years have passed since last update.

会社のPCでVirtualBox使おうとしたときにプロキシ関係の設定で嵌ったのでメモ。

VirtualBoxへOSをインストールする手順は省いています。そこは適当にググってください。

便宜上、CentOS6.5で説明します。

・VirtualBox起動後、[ファイル(F)]->[環境設定(P)]とクリックします。

01.png



・[VirtualBox - 設定]で

(1)プロキシーの項目をクリック

(2)[プロキシーを有効化(E)]にチェックを入れる

(3)ホスト名、ポート番号を指定する

(4)OKをクリックする

02.png



OSを立ち上げ、以下のようにコマンドを実行する。

# echo "export HTTP_PROXY=http://proxy.sample.com:8080" >> /etc/profile.d/proxy.sh

# echo "export FTP_PROXY=http://proxy.sample.com:8080" >> /etc/profile.d/proxy.sh
# chmod +x /etc/profile.d/proxy.sh
# source /etc/profile.d/proxy.sh

あるいは単に~/.bashrcに追記する。

$ echo "export HTTP_PROXY=http://proxy.sample.com:8080" >> ~/.bashrc

$ echo "export FTP_PROXY=http://proxy.sample.com:8080" >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

以上。