Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSCLI Version2 実行環境

AWS CLI V2 リリース

AWSCLIのV2がリリースされていたので試してみました。

環境構築

Dockerコンテナを作成して、AWS CLI V2が使用できる環境にしています。

Dockerfile作成

まずは、Dockerfile作成します。

# OS Debian GNU/Linux 10 (buster)
FROM python:latest

# aws help を使用できるようにする為
RUN apt-get update && apt-get install -y \
    less \
    groff-base

# awscli v2 インストール
RUN python -m pip install git+https://github.com/boto/botocore.git@v2
RUN python -m pip install git+https://github.com/aws/aws-cli.git@v2

# jq インストール
RUN cd /bin && wget http://stedolan.github.io/jq/download/linux64/jq && chmod 755 jq

ENV PATH $PATH:/root/.local/bin

起動シェル作成

次は、毎度dockerコマンドを打つのも面倒なので、シェルを作成します。
:warning:このファイルはクレデンシャル情報を直接、記述しているので間違ってもgitとかにはプッシュいないようにしてください。

run.sh
#!/bin/sh
docker build -t aws-cli-v2 .

AWS_ACCESS_KEY_ID="[自分のアクセスキー]"
AWS_SECRET_ACCESS_KEY="[自分のシークレットキー]"
AWS_DEFAULT_REGION="ap-northeast-1"

docker run -it \
    -e AWS_ACCESS_KEY_ID=$AWS_ACCESS_KEY_ID \
    -e AWS_SECRET_ACCESS_KEY=$AWS_SECRET_ACCESS_KEY \
    -e AWS_DEFAULT_REGION=$AWS_DEFAULT_REGION \
    -v $(pwd):/data \
    aws-cli-v2 /bin/bash

実行コマンド

あとはシェルを叩き、数秒待てばawscliV2の環境が完成すると思います。

$ cd [任意のディレクトリ]
$ sh run.sh

AWS CLI V2で追加機能

わかる範囲の追加機能

  • クレデンシャルのインポート
  • リソース名の補完
  • 自動プロンプト
  • ウィザード
  • YAML 形式の出力

適宜、更新しようかなと思います。
今のところ、この人の記事見れば、なんとなくわかります。
- [アップデート] リソース名の補完など強力な機能追加!AWS CLI v2 が GA されました!
- AWS公式はこちら

boccham
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした