Android
monaca
アプリ署名

MonacaでAndroidのアップロード鍵で既存アプリが更新できなくなった時の対応


はじめに

最近、MonacaでAndroidアプリを更新したときにGoogle Play アプリ署名が有効にしたためにハマったことのメモを残しておきます。

Google Play アプリ署名の仕組みについてはこちらをご覧ください。


MonacaのAndroidキーストアのエクスポート

MonacaのクラウドIDEのメニューから、Androidキーストア設定を開いて、キーストアをエクスポートします。

image.png


アップロード鍵の作成とキーストアの更新

ダウンロードしたキーストアファイル keystore.private にアップロード鍵を更新します。

アップロード鍵は、Google Play アプリ署名を有効にするときに作成するか、後で [リリース管理] > [アプリの署名] にアクセスして作成できます。

アップロード鍵を作成する際は下記をご参照ください。


  1. Android Developers サイトの手順に沿ってアップロード鍵を作成します。鍵は安全な場所に保管してください。

  2. アップロード鍵の証明書を PEM 形式でエクスポートします。以下の下線付きの引数を置き換えてください。

    $ keytool -export -rfc -keystore keystore.private -alias jp.linedesign -file upload_cert.der


  3. リリース プロセス中、指示に沿って、証明書をアップロードして Google に登録します。



アップロード鍵を使用すると:


  • アップロード鍵はアプリ作成者の認証する目的でのみ Google に登録されます。

  • アップロードした APK は、ユーザーに送信される前に署名が削除されます。


MonacaのAndroidキーストアのインポート

最後にMonacaのクラウドIDEのメニューから、Androidキーストア設定を開いて、キーストアをインポートすると完了です。