Linux
Solaris

カーネルパラメータ設定方法

Solarisの場合

即時パラメータ反映(再起動するとパラメータはクリアされる)

[root@localhost ~]# adb -wk /dev/ksyms /dev/mem
---
physmem ***** // 最初に必ず表示される
パラメータ名/W 16進数の値 // パラメータ/W 値(16進数)で指定
パラメータ名:
パラメータ名/D // 確認
パラメータ名:
パラメータ名: 値 // 値に変更された
^D // Ctrl+Dで抜ける

再起動後にパラメータ反映(再起動してもパラメータはクリアされない)

/etc/system
set パラメータ名=

Linuxの場合

即時パラメータ反映(再起動するとパラメータはクリアされる)

[root@localhost ~]# sysctl -w パラメータ名=

再起動後にパラメータ反映(再起動してもパラメータはクリアされない)

/etc/sysctl.conf
パラメータ名 =