Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
28
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

@blackpeach7

【AWS SAA-C02】新しく登場したサービスの概要

はじめに

AWS SAAがC01からC02と新しいバージョンに移行された。新しいバージョンではSAA-C01では出題されなかったサービスについて新しく出題されたとのことで、ネット上で試験に出題された・覚えた方が良いと言われているサービスをまとめていきたい。
(あくまでネット上で出題されたとされる・覚えておくべきサービスを中心にまとめいきたいと思います。ご参考程度にご覧ください。)

サービス

FSx for Windows

用途

Windows Server上で、下記の管理機能をおこなう。
・エンドユーザーファイルの復元
・ユーザークォータ
・アクセスコントロールリスト(ACL)

説明

FSx for WindowsはWindows Server 上に構築された完全マネージド型のファイルストレージ。2019年3月から東京リージョンで利用可能になった。

今までLinuxベースの共有ファイルシステムであるEFSは存在したが、Windowsベースの共有ファイルシステムは存在しなかった。

Microsoft Windowsで構築したものとほぼ同じ仕様で運用でき、Active Directory(AD)統合やSMBプロトコル※を介してアクセスできる。

※SMBプロトコル:主にWindowsを中心としたネットワーク環境でファイル共有やプリンタ共有などに使用される通信プロトコル

EFSとFSxの違いを問われる問題が出題される可能性あり。
Black beltでFSxについて書かれている。
https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20190319-aws-black-belt-online-seminar-amazon-fsx-for-windows-server/

FSx for Lustre

用途

・機械学習、高性能コンピューティング (HPC)、ビデオ処理、財務モデリングなど、速度が重要なワークロード

説明

Amazon S3と統合された、フルマネージド型高性能ファイルシステム。
高速ストレージを必要とするアプリケーション向けのストレージシステム。

Windows FileserverとLustreの違い

Amazon FSx for Windows File Server:ビジネスアプリケーション(Windows Server)向け
Amazon FSx for Lustre:高性能ワークロード向け

Aurora Serverless

用途

・データベースの容量を手動ではなく、自動で管理

説明

Amazon Aurora(MySQL互換エディションおよび PostgreSQL互換エディション)のオンデマンド自動スケーリング設定。
データベースの容量を自動的に起動、シャットダウン、スケールアップまたはスケールダウンしてくれる。

Transit Gateway

用途

・グローバル展開(AWSグローバルネットワークを使用して AWS Transit Gateway は相互にリージョン間ピア接続できる。)
・ネットワークを簡素化

説明

AmazonVPC、AWSアカウント、オンプレミスネットワークを単一のゲートウェイに簡単に接続してくれる。中央ハブを介してVPCとオンプレミスネットワークを接続し、複雑なピア接続関係がなくなる

Snowmobile


用途


・膨大な規模のデータを短時間で転送

説明

超大容量データをAWSに移動できるエクサバイト規模のデータ転送サービス。すでにAWS Snowball・Snowball Edgeでデータ転送はできるが、それでも保存しきれない超大容量のデータや、データセンターを丸ごとAWSへ移行する際に使用できる。(Snowballl 80TB、Snowball Edge 100TB、Snowmobile 100PBまで転送可能※例外あり)

Snow系サービスの違いも出題される可能性あり。

Global Accelerator

用途

・アプリケーションパフォーマンスの高速化

説明

アプリケーションの固定エントリポイントを提供し、静的IPアドレスが提供されることで、様々なAWSリージョンおよびアベイラビリティーゾーンの専用IPアドレスを管理しなくて済む。

まとめ

上記のような新しく出題されたサービスも覚えると、SAA C-02の合格に近づくだろう。

参考
https://aws.koiwaclub.com/exam/passrecord/
・FSx for Windows
https://aws.amazon.com/jp/fsx/windows/
https://www.cloudsolution.tokai-com.co.jp/white-paper/2020/000268.html
・FXs for Lustre
https://aws.amazon.com/jp/fsx/lustre/
https://www.acrovision.jp/service/aws/?p=1129
・Aurora Serverless
https://aws.amazon.com/jp/rds/aurora/serverless/
・AWS Sowmobile
https://aws.amazon.com/jp/snowmobile/
https://dev.classmethod.jp/articles/amazon-snowmobile-released/
・Global Accelerator
https://aws.amazon.com/jp/global-accelerator/faqs/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
28
Help us understand the problem. What are the problem?