search
LoginSignup
47

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

【Docker】docker-composeコマンド早見表

コマンド できること
docker-compose build イメージを構築する
docker-compose up イメージの構築・コンテナの構築・起動
docker-compose start 既存のコンテナの起動
docker-compose run イメージの構築・コンテナの構築・起動・コンテナ内でのコマンドの実行
docker-compose exec コンテナ内でのコマンドの実行

イメージの構築

# 初回の構築
docker-compose build

# Dockerfileを更新後の構築
docker-compose build --no-cache

キャッシュ
キャッシュという一度ビルドすると作成される、2回目以降のビルド処理を速やかにしてくれる機能がある。
Dockerfile更新時には、キャッシュを用いてビルドされるの更新内容が反映されない可能性があるので、2回目以降はキャッシュを無効にする必要がある。

コンテナ起動

起動

# フォアグラウンドで起動
docker-compose up

# バックグラウンドで起動
docker-compose up -d

再起動(コンテナはそのまま、ソースコードの変更を反映)

# フォアグラウンドで起動していた場合
docker-compose up

# バックグラウンドで起動していた場合
docker-compose restart

再起動(コンテナの再構築、ソースコードの変更を反映)

# フォアグラウンドで起動
docker-compose up

# バックグラウンドで起動
docker-compose up -d

再起動(Dockerfileの変更を反映)

# フォアグラウンドで起動
docker-compose up --build

# バックグラウンドで起動
docker-compose up -d --build

コンテナ構築後の開発開始と終了


# 開始
$ docker-compose start

# 終了
$ docker-compose stop

後片付け

# 停止と削除(コンテナ・ネットワーク)
docker-compose down

# 停止と削除(コンテナ・ネットワーク・イメージ)
docker-compose down --rmi all

# 停止と削除(コンテナ・ネットワーク・ボリューム)
docker-compose down -v

# 全てを無に返す
docker-compose down --rmi all --volumes

コンテナ内での実行

# そのまま実行する
docker-compose run --rm bundle install

# コンテナ内のターミナルに入って実行する
docker-compose exec サービス名 sh
>bundle install

参考記事

https://qiita.com/tegnike/items/bcdcee0320e11a928d46

https://qiita.com/okyk/items/a374ddb3f853d1688820

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
47