Help us understand the problem. What is going on with this article?

cactiの過去グラフが平均化されないようにする方法

はじめに

このエントリはcactiの過去グラフを平均化せずに、ポーリングした値をずっと保持したいときの方法を記載します。

対象機器および環境

  • cacti(1.1.38)

関連するエントリ

CentOS7にcacti1.1.38をインストールする+グラフを日本語化する

問題点

以下はインストール直後の「DataProfile」設定画面
image.png

せっかく5分おきにデータを取得していても、3日以上過去のものを参照しようとすると平均化されたデータしか参照できない。
そこで、過去にさかのぼってグラフを参照したときでも、5分おきに取得した値を参照できるようにする。

設定方法

DataProfile設定

上部メニュ「Console」→サイドメニュ「Presets」→「DataProfiles」を選択
右上の「+」マークをクリックし、新しいデータプロファイルを作成する。
image.png

 
新規データプロファイル設定画面で、必要事項を記載する。

Consolidation Functionsはプルダウン+チェックボックスになっているので、すべて選択する。(すべて選択すると、「4selected」と表示される)
Defautlにチェックを入れ、「Create」をクリック
image.png

 
登録できると、以下の画面になるので、右側の「+」をクリックする
image.png

 
すると、プロファイルの設定画面に遷移するので、「Rows」に105128、と入力する。(DataRetentionが自動計算され、1Yearと表示される)
そのほかも入力し、「Create」をクリックする。
image.png

同様に以下の4つのプロファイルを作成する

Name AggregationLevel Rows DefaultTimespan
Daily Each Insert 157680 1 Day
Weekly 30 Minutes 26280 1 Week
Monthly 2 Hours 6570 1 Month
Yearly 1 Day 547 1 Year

ここまで作成したら「Save」をクリックする。
image.png

DataProfileのDataSourceへの適用

「Console」→「Templates」→「DataSource」を選択し、すべてのデータソースを選択して、最下部プルダウンメニュで「ChanageProfile」を選択
image.png

 
プルダウンメニュで「1.5Years」を選択して、「Continue」をクリック。
image.png

今後作成するグラフ(のデータソース)は、過去1.5年分の5分取得値が閲覧できるようになる。

注意事項

データを平均化せず、取得した値をそのまま保持しておくため、データ容量を多く消費します。
今回の例(1.5年分)では、1データソースあたり、6MByte程度消費します。

トラフィックであれば「In」と「Out」で12MByte必要です。
同じIFでエラーを見ようとすると、「InDrop」「InDiscards」「OutDrop」「OutDiscards」で24MByte必要です。
合計して1インタフェイスあたり36MByte必要です。

1.5年の保管が不要であれば、半年/1年、など個別に設定することや、不要なIFはErrorを除外する、などして、データ量が爆発的に増えないように注意します。

さいごに

この設定は全体にかかわるので、最初(インストール直後)にしておくとよいです。

bashaway
2019/1/1よりQiita利用開始しました。よろしくお願いします。 趣味は自宅ラボ&ホビープログラム。いまはcactiのcisco用コンフィグ取得プラグインの作成中。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした