Edited at

はじめてのUltra96 必要なもの


はじめてのUltra96


初めに、この記事について。

FPGAの周辺でお仕事している関係で、FPGAに興味がある人にいろいろ会います。

そこで聞こえてくる声として、何処からはいっていいか、わからない、何処から開発していいかわからないということをよく聞きます。

FPGAの情報は多すぎて、混乱しているので、少し整理したいと思い、筆を描くことにしました。

自分の興味がある、ZYNQ,ZYNQ UltraScale+,Ultra96,Versalが中心になります。技術的レベルは低いレベルで書きますので、詳しい人には面白くないかもせれません。

少しでもお役に立てれば、幸いです。


Ultra96とは、

AVNET社が企画した、ZYNQ UltraScale+(zynqMP) の安価なボードになります。Zynq UltraScale+ は、CPU+FPGAのICチップになります。次の図はZynq UltraScale+の構成図です。

zsu_eg.png

図からわかる通り、ARM Cortex-A53*4 Cortex-R5 中心にGPU、ハイスピードインターフェース、プログラムロジック(FPGA部)が入っています。

後々、詳しく書くと思います。

Ultra96はこのうちZCU3EGというデバイスを使ったボードです。3万円を切ったボードです。このスペックでは安いほうです。というより、2018年10月現在 チップでZCU3EGを買うより価格が安いです。(安くなるかもしれません) 普及のため頑張っているのを感じます。


必要なもの


  • Ultra96
    TNN24070_0.pngAES-ULTRA96-V2-G-Image1_web.jpg

本体です。 AVNET社から購入、または販売会社を紹介してくれます。現在はUltra96V2の販売になります。

https://www.avnet.com/shop/japan/products/avnet-engineering-services/aes-ultra96-v2-g-3074457345639776668/

- パソコン

 開発を行い方は、Windows 7,10 または、Ubuntu が必要です。64ビットパソコンである必要があります。仮想環境上でも大丈夫ですので、MACの方は、仮想環境上でOSを動作させてください。Wifiがあったほうが便利です。


付属しているもの

起動用SDカードが付属しています。ultra96で、Linuxが動作するためのものです。これでいろいろ動作させることが可能です。

DSC_1842.JPG

Getting Start 英語版ですが、初めに動かす説明書です。後日日本語で動作させるための手順を書きますね。

DSC_1840.JPG

ライセンス

ツールを動かすためのライセンスが入っています。現段階では無料ツールでできることも多く、必要性を感じていません。将来的にライセンスが必要な時があるかもしれませんので、必要な時に初めて登録すればいいと思います。(ツールが最新バージョンのが使えるので、その時の機能がよくなっている可能性が高いのです)


動作させるには

Getting Start通りすれば動きます。パソコンにWifiがあれば動作します。

が、英語ですね。後日、動作手順を、まとめたいと思います。

Ultra96V1は最初からついてくるSDカードで動作します。

Ultra96V2からは、SDカードイメージをご自分でダウンロードして書き込まないといけません。イメージは次のところからダウンロードします。

http://avnet.me/ultra96-v2-oob

からSDカードイメージをダウンロードできます。

SDカードの書き込みにはetherというアプリが便利です。

https://etcher.io/

SDカードを書き込んだあと、Ultra96V2に挿せば動作します。

では、Ultra96ライフを楽しんでください。

はじめてのUltra96 あれば便利なもの に続く。