Edited at

外付けSSDに圧迫データ(Unity Asset Storeフォルダ)をお引っ越し(Mac)


UnityやらBlenderやらXcodeやらやら入れすぎてMacが危うく壊れそうになったので、外付けSSDを購入してストレージを圧迫しているデータのお引っ越しを敢行しました〜!)>


環境

PC: MacBook Air

購入したSSD: My Passport Go 500GB


参照記事

terminalでシンボリックリンクのはりかた(BackUpファイルなどを外付けHDDに指定する方法)

Asset Storeのダウンロードフォルダを変更する

【快適なMacライフ】シンボリックリンクを使って外付けHDDやSSDにデータを保管しよう


以下作業手順


その1


Unity Asset Storeのディレクトリを外付けSSDにコピー

まずはSSDにデータをコピー


  • 外付けSSD(My Passport)をPCにつなぎ、Finderからその中に入って適当なディレクトリを作成する
    (※今回は下記のように構成)

[My Passport]

  L [MacData]

    L [Unity]

      L [UnityData]


  • 作成したら、[移動]->[ライブラリ](Shift + Cmd + L)で、ライブラリに移動し、[Unity]の中にある[Asset Store-5.x]を丸っと、先ほど作ったSSDの[UnityData]配下にコピー、コピーできたら、ライブラリ配下の[Asset Store-5.x]は_を先頭につけてリネーム(あとで無事にお引っ越しできたら削除する)


  • コピーしてきたSSDの[Asset Store-5.x]を右クリックし、[情報を見る]->[一般情報]->[場所]に書かれているパスを丸っとコピー


※[Asset Store]というフォルダもある場合、それはUnity4.x以前でダウンロードしたアセットが入っているので、同じように作業(私の環境にはなかったので省略しますorz)


その2


terminalで外付けに入るには

次に、terminalで外付けにどうやって入れるかがわからなかったので、念のためterminalを開いて入ってみた

cd "【先ほどコピーしたパス】"

cd "/Volumes/My Passport/MacData/Unity/UnityData/Asset Store-5.x"

※ cd /Volumes/My Passport/MacData/Unity/UnityData/Asset Store-5.x (""での囲いなし)だと、MyとPassportの間のスペースでとぎれちゃってうまくいかないので注意


その3


外付けSSDの方を参照できるようにシンボリックリンクを作成

terminalで今度はライブラリのUnity配下に移動

cd ~/Library/Unity/

pwdで、ライブラリのUnity配下にいることを確認してから、

pwd

/Users/【User Name】/Library/Unity

ls -s "ソースパス" "リンク名"

ln -s "/Volumes/My Passport/MacData/Unity/UnityData/Asset Store-5.x" "/Users/【User Name】/Library/Unity/Asset Store-5.x"

※これもパスを""で囲わないととぎれてうまくいかないので注意!

シンボリックリンクが貼れたら、

cd Asset\ Store-5.x

pwd

/Users/【User Name】/Library/Unity/Asset Store-5.x

となれば成功!


確認作業


Unityで実際に、Asset Storeでダウンロードして無事インポートできるか確認する

適当なAssetをダウンロードして、

ちゃんと、SSD配下に保存されてること確認!

インポート&配置もできた!!確認完了!

なので、リネームしていたライブラリ配下の[_Asset Store-5.x]を削除してお引っ越し終了!



振り返り

引っ越し完了後、SSDを外してからストレージを見て見たら、なぜか逆に容量が増えていた、、、

(おそらく、確認作業で行なったAssetのインポート先はMacのストレージだったため、、)

プロジェクトの保存先もSSDにできるのか調べてやらないとな、と思いました。

以上!

PS

プロジェクトの保存先をSSDにするのはとっても簡単でした!

既存のプロジェクトフォルダを丸っとSSD配下にコピーしてきて、

Unity Hubの[リストに追加]からSSD配下のプロジェクトを追加して開くだけで大丈夫でした!

今度はUnityの各バージョンの保存先もSSDにできるのか調べてみようと思います!

以上!