Fink

configure のソースを見る

More than 1 year has passed since last update.

GRASS 7 をどのようにビルドしても、X11 に依存してしまう。

$./configure --help

としても、

  --with-opengl           support OpenGL functionality (default: yes)

--with-opengl-includes=DIRS
OpenGL include files are in DIRS
--with-opengl-libs=DIRS OpenGL library files are in DIRS
--with-opengl-framework=DIR
OpenGL framework is in DIR

となるだけだ。

ある日、ふと configure のソースを見ると、

case "$with_opengl" in

n|no)
OPENGL_TYPE=none
;;
y|yes|x|x11|glx)
OPENGL_TYPE=X11
USE_OPENGL=1
OPENGL_X11=1
;;
aqua|mac|osx|macosx|agl)
OPENGL_TYPE=Aqua
USE_OPENGL=1
OPENGL_AQUA=1
;;
win|windows|mswin|wgl)
OPENGL_TYPE=Windows
USE_OPENGL=1
OPENGL_WINDOWS=1
;;

なんと、aqua とか mac とかしないと、X11 として認識するのか!

configure --help だけでなく、やはりソースを見るのが大事と言う話でした。

おかげで、grass72-mac というパッケージが Fink でできました。