Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi へのリモート接続

More than 1 year has passed since last update.

Raspberry Pi上でプログラム開発する場合、通常のPCのようにモニター・キーボード・マウスが必要ですが、場合によってはそれらをすべて用意できない場合があります。
本記事では、普段使用しているPCからリモート接続して作業を進める方法について記述します。

環境

[PC]

モデル MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid2014)
OS macOS Sierra ver 10.12.6
メモリ 16GB


[Raspberry Pi]

モデル Raspberry Pi 3 Model B (日本製)
SDカード Transcend 32GB microSDHC Class10 UHS-I
キーボード ELECOM TK-FCM084BK (有線)
マウス ELECOM M-XGL10UB Series EX-G (有線)
電源 公式 Raspberry Pi3 アダプタ 5.1V/2.5A
ディスプレイ 公式 7'' Touchscreen Display (element14製)
 - 電源は本体GPIOピン(5V)より供給。

SSH でリモート接続する方法

SSH (SECURE SHELL)
https://www.raspberrypi.org/documentation/remote-access/ssh/README.md

SSHを有効にする

Raspbian OSにはSSHサーバが組み込まれていますが、既定では無効になっています。
これを有効化すればSSHクライアントから接続できるようになります。

Raspberry Pi を起動してデスクトップ画面が表示されたら、メニューバー左端のラズベリーアイコンをクリックします。
表示されたプルダウンメニューから [設定]-[Raspberry Piの設定]をクリックします。

image.png

「Raspberry Piの設定」画面で「インタフェース」タブをクリックし、[SSH]の「有効」を選択してから[OK]ボタンをクリックします。

image.png

SSHサーバへ接続する

クライアントであるMacの「ターミナル」を起動し、「ssh」コマンドで Raspberry Pi へ接続します。
既定で用意されているユーザ名とパスワードは次の通りです。
 ユーザ名: pi
 パスワード:raspberry

【書式】
 ssh <ユーザ名>@<Raspberry PiのIPアドレス>

$ ssh pi@***.***.***.***
The authenticity of host '***.***.***.*** (***.***.***.***)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:ERP0mzx77xmv7KXYa+RdTKt2aXm9Ju8WwyJs8nLdlIU.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '***.***.***.***' (ECDSA) to the list of known hosts.
pi@***.***.***.***'s password: raspberry

Linux raspberrypi 4.9.59-v7+ #1047 SMP Sun Oct 29 12:19:23 GMT 2017 armv7l

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Thu Jan  4 06:12:25 2018

SSH is enabled and the default password for the 'pi' user has not been changed.
This is a security risk - please login as the 'pi' user and type 'passwd' to set a new password.

pi@raspberrypi:~ $ 

VNC でリモート接続する方法

VNC (VIRTUAL NETWORK COMPUTING)
https://www.raspberrypi.org/documentation/remote-access/vnc/README.md

VNCを有効にする

Raspbian OSにはVNCサーバ(RealVNC)が組み込まれていますが、既定では無効になっています。
これを有効化すればVNCクライアントから接続できるようになります。

Raspberry Pi を起動してデスクトップ画面が表示されたら、メニューバー左端のラズベリーアイコンをクリックします。
表示されたプルダウンメニューから [設定]-[Raspberry Piの設定]をクリックします。
image.png

「Raspberry Piの設定」画面で「インタフェース」タブをクリックし、[VNC]の「有効」を選択してから[OK]ボタンをクリックします。

image.png

VNCビューアのインストール

RealVNCと互換性のあるVNCクライアントアプリを用意してください。

Download VNC Viewer to the device to control from
https://www.realvnc.com/en/connect/download/viewer/

使用しているPCがMacの場合は、上記サイトを開いてから [macOS] アイコンをクリックしてください。
その後、画面中央の [DOWNLOAD VNC VIEWER]をクリックしてインストールイメージ(dmgファイル)をダウンロードします。

image.png

ダウンロードしたインストールイメージ(dmgファイル)をダブルクリックして、VNC Viewerをインストールしてください。
image.png

VNCビューアの起動

インストールされた「VNC Viewer」を起動します。
初期起動画面が表示されるので、そのまま[GOT IT]ボタンをクリックします。
image.png

ビューア画面が表示されたら、アドレス入力欄に Raspberry Pi のIPアドレスを入力して [enter]キーを押下します。
image.png

ログインユーザ名とパスワードを入力して [OK]ボタンをクリックします。



ログインに成功した場合は、Raspberry Pi のデスクトップ画面が VNC Viewer 画面に表示されます。
image.png

b-wind
初めて買ったPCが NEC PC-6001 という古株SE。 Android/iOS のみならず、Raspberry Pi にまで手を出してオーバーフロー寸前。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした