Unity
Asset

Dynamic 3D Book Kit で飛び出す絵本

More than 1 year has passed since last update.

3年ほど前に購入した、Dynamic 3D Book Kit

img.png

ずっとバージョンアップされていなかったのですがUnity5に対応したので何か作ってみる
このアセット初めて私がAssetSoreで購入した有料アセットという思い出の品。

できること できないこと

シンプルな飛び出る絵本ができます。
Android iOSに対応しています。
あとは、一つ一つマテリアルが必要になる。
各ページごとにオブジェクトのMeshを固められてしまうので、開いてから移動させる等はできない。

インポートしたところ

スクリーンショット 2016-01-17 01.30.06.png

さっそくレッツトライ

まずは新しいシーンにPrefabs/Bookを配置
その子供にPrefabs/FirstPageを配置。これが最初のページ
それ以降はPrefabs/BookPageを好きなだけ追加
スクリーンショット 2016-01-17 01.38.59.png
material設定していないので真っ白です。

BookのインスペクタのPagesに追加したページを設定
スクリーンショット 2016-01-17 01.39.29.png

とりあえず手っ取り早くページをページをめくりたいので
Res/Prefabs配下のdpp upp を配置。
スクリーンショット 2016-01-17 01.45.24.png

そしてそのインスペクタにBookをセット
スクリーンショット 2016-01-17 01.45.21.png

これでもうボタンをおすだけでページめくりまでできます。

ベースの絵の設定

まずはMaterialを作成して、Legacy Shaders/VertexLitなどのShaderをセット
スクリーンショット 2016-01-17 02.22.15.png

そして画像などを設定
そしてこのマテリアルを各ページ分作成してアタッチ。

こんなかんじになりました。

ちなみに、ShaderをUnlit/Transparentにして、画像を半分透明なもので作成すれば表紙と最後のページも作れます。

中身を配置してみよう

Res/Modesl/Card を好きなページの子に配置。
スクリーンショット 2016-01-17 02.37.29.png

するとこんな風に白色のオブジェクトができるのでここに表示したいもののMaterialを設定したり、
サイズや位置調整をします。
スクリーンショット 2016-01-17 02.38.05.png

マテリアルはCostom/TVDoubleを使用します
スクリーンショット 2016-01-17 01.56.15.png

スクリーンショット 2016-01-17 02.49.50.png
こんなかんじに配置してみました。
スクリーンショット 2016-01-17 02.49.12.png

こんなかんじになります。

配置時の注意として、地面にめり込むと変な風に伸びたりするのでめり込まないように注意
空中に浮かせるのは大丈夫。