Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rails Stripe 単発(都度)決済の実装

More than 1 year has passed since last update.

概要

RailsでAPIを使うまでの事前準備はこちら。
Rails Stripe サブスクリプション決済実装 初期設定をしてAPIを使える状態にする

今回は単発決済の実装の紹介をします。

管理ページから単発決済の登録

Stripe管理ページでの「支払い」から支払いの一覧が閲覧できます。
管理ページからの単発決済はこの画面の「新規」より追加できます。
スクリーンショット 2018-02-28 19.41.03.png

こんな感じです。
スクリーンショット 2018-02-28 19.56.05.png
その他のオプションでは住所など細かい情報も登録できます。

Railsから単発決済の登録

それでは本丸、Railsでの実装を見ていきましょう。
単発決済の実装にはStripe::Chargeクラスのcreateメソッドを使用します。
前回Stripeモジュールを使用できる設定は完了させているので、適切なパラメータを設定するだけで支払いが作成されます。
任意のカスタマーに対して支払いを登録します。
公式リファレンス:Create a charge

実装

def create_plan
  ::Stripe::Charge.create(
    amount: 10000,
    currency: 'jpy',
    customer: "StripeのカスタマーID cus_XXXX",
    description: "メモ"
  )
end

細かい設定をしようと思えばパラメータは5倍、10倍になってきます。

確認

API側からも確認できますが、
手っ取り早くStripe管理ページでみてみましょう。
無事追加されています。
スクリーンショット 2018-02-28 20.14.53.png

詳細も正常ですね。
スクリーンショット 2018-02-28 20.16.58.png

所感

やっぱりStripeわかりやすいなあ
英語がもう少しわかればもっとできること広がりそう(小並感)
前から管理画面日本語対応してたっけ...

参考

ブログで見たい方はこちら
Rails Stripe 単発(都度)決済の実装

ayies128
株式会社illustrious CTO。 EC業務を色々な角度から効率化できるように日々システム開発を行っています。 システム開発の話から飲みに行こうって話までなんでもどうぞ。 うどんとお酒と #UVERWorld が大好きです。 世界で売るためのECインフラサービス「lismoa」の開発運営を行なっています。 https://lismoa.com/
http://nabesys.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away