Posted at

いまさら聞けない!Gitとは☆ざっくり図で解説してみた

プログラミング教室ITWORKSのayakaです。

あまりにメジャーになりすぎて「いまさら聞けないぞ…」という自分のために簡単な構成図を交えて、まとめてみたいと思います:joy:


Git = ソースコードを管理するシステム

Gitのできること=ソースコードを管理する事です。

整理整頓が苦手な人が個人開発し修正をしまくっていると、どのソースコードがいつ時点の物なのか?さらにはどれがリリース版なのか?わからなくなってきす:sob:これは大問題ですよね。。しかしGitのシステムコマンドを使えばコマンドを打った時点のソースコードをファイルの改定順に保管できます。(バージョン管理)


他にもある!

補足ですが他にもソースコードを管理するシステムは存在します。


  • CVS

  • Subversion


違いは"分散型"と"集中型"

ざっくり図のような違いがあります。


  • 分散型(Git)

    各々ローカルにリポジトリを持ち、そこへコミットできます。まずはローカルへコミットするため、開発者がソースコードを改定する毎にコミットできます。

    分散型.PNG


  • 集中型(CVS/Subversion)

    集中型.PNG



GitとGitを利用するサービス

GitとGitを使用したサービスを混同すると設置時に混乱します:cry:

各サービスは個人の用途により選択しましょう。

Git概要.PNG


  • Git

    commitやpush等のコマンドが利用できるソースコード管理システム


  • GitHub

    Gitを扱うためのWebUIが用意されたオンラインサービス


  • Gitblit

    Gitを扱うためのWebUIが用意されたローカル用サービス