LoginSignup
13

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

AWSソリューションアーキテクト アソシエイト勉強メモ

はじめに

AWSソリューションアーキテクト アソシエイトに合格しました。
せっかくなので、勉強メモを残します。誰かのお役に立てば。

AWSソリューションアーキテクト アソシエイトとは

  • AWS プラットフォームで稼働するアプリケーションとインフラストラクチャの設計、デプロイ、運用に必要なスキルと技術知識を有する IT プロフェッショナルであることを証明する認定試験の一つ。
  • AWS認定資格は全部で5種類
  • アソシエイトレベル (中級)、プロフェッショナルレベル (上級) の2段階
  • AWSソリューションアーキテクト アソシエイトは、以下について理解していることが求められる。
    • AWS におけるスケーラビリティ、高可用性および高耐障害性の設計とデプロイ
    • 既存のオンプレミスアプリケーションの AWS への引き上げおよびシフト AWS とのデータの送受信
    • データ、コンピューティング、データベースまたはセキュリティ要件に基づく適切な AWS の各種サービスの選択
    • AWS アーキテクチャのベストプラクティスの適切な使用の識別
    • AWS のコストの予測とコストコントロールメカニズムの識別

試験内容

以下は、自分が受験した時のものです。最新の試験ガイドを参考にしてください。

分野 試験に占める範囲
1.0: 高可用性、コスト効率、対障害性、スケーラブルなシステムの設計 60%
2.0: 実装/デプロイ 10%
3.0: データセキュリティ 20%
4.0: トラブルシューティング 10%
  • 出題形式 : 択一選択問題、複数選択問題、状況把握問題
  • 合格ライン : 65%??

自分のスペック

  • AWS歴:1〜2年
  • 触ったことあるサービス:EC2、S3、RDS、VPC、ELB、IAM程度
  • 好きなAWSのサービス:S3

勉強方法

試験ガイドを読む、サンプル問題を解く

まずは試験の概要や出題範囲などを把握しました。
サンプル問題は、ソリューションアーキテクトだけでなく、システムオペレーション、デベロッパーも全問正解するまで何度も解きました。

模擬試験を解く

模擬試験で、どういう風にどういう問題が出題されるかをざっくり掴みました。また、自分の現状と苦手分野を把握しました。

AWSの資料を読む

試験前は、AWS クラウドサービス活用資料集(Black Belt)をよく読んでいました。主要なサービスはしっかりと読み込み、それ以外のサービスは概要とユースケースを中心に押さえました。
ホワイトペーパーは、共有セキュリティ責任モデル、ベストプラクティスなどの部分が参考になりました。

AWSを触る

普段からAWSを利用していますが、普段使わない機能や知らないサービスもかなりありました。
触りながら勉強する方が自分にとっては分かりやすかったです。

CDPを眺める

クラウドアーキテクティング原則をまず読みました。この部分が頭に入ってるだけでも、回答の指針になります。
余裕があれば、CDPは見ておいた方がいいです。

参考書

上記書籍も参考になりました。

その他

試験前日

念のため、以下を確認しました。

  • 持ち物
  • 試験会場の場所

試験当日

後は試験を受けるだけですが、なんだかんだで緊張しました。余裕を持って試験会場へ。
(自分は方向音痴なので、迷いました。。)

試験の感想

意外と難しかったです。勉強期間は、1週間程度。合否判定は試験当日。なんとか合格でした。
AWSのことを詳しく知れたり、普段使ってるサービスでも詳細を知らなかったりして、この機会に学べて良かったです。
AWSがますます好きになりましたw

参考になった記事

先輩方の体験談も大変参考になりました。ありがとうございました。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
13