Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS Cognitoでユーザ作成時に手間のかかる承認処理を自動で処理するには

More than 1 year has passed since last update.

AWS Cognitoとは

AWSでユーザ管理、フェデレーションなどを簡単に実施可能なとても便利なサービスです。
ID連携とかもできるので、今後も色々利用していきたいです。

マネジメントコンソールでのユーザ管理

ユーザ作成、インポート、パスワードリセットなど、基本的なことは
AWSのマネジメントコンソールで実施可能です。
但し、使用可能なユーザをすぐに作成するには、少しステップが必要です。

ユーザの承認

Cognitoのユーザは、以下に記載のとおり、ステータスを持ちます。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cognito/latest/developerguide/signing-up-users-in-your-app.html

マネジメントコンソールでユーザを作成した場合、ここでいう
"Registered(cannot sign in)"
の状態になります。

Cognitoにサインインできるようにするには、いずれかが必要です。
1.Email/TELによる承認
2.管理者による承認
3.LambdaでPreSignupイベントをトリガーとして承認

はい、ということでタイトルにつながります。
「3」を実施することで、マネジメントコンソールでユーザ作成すると同時に、
サインインが可能とすることができます。

どういうことか

マネジメントコンソールでユーザが作成されると、"Pre-Signup"イベントが発生します。
そのイベントをトリガーに、Lambdaが実行されるようにします。
(Cognitoのユーザ作成処理をフックするイメージです)

そして、Lambdaでユーザの承認ステータスを変更することで、
Cognitoはユーザが承認されたと判断し、ユーザがすぐ利用できるようになる、ということです。

Lambdaを作る

では、Lambdaを作ります。
Cognitoで作成されたユーザのイベントデータを変更し、Cognitoに返してやります。

var AWS = require('aws-sdk');
exports.handler = (event, context, callback) => {
    var confirm = {
        "autoConfirmUser": true, // 承認ステータス変更
        "autoVerifyEmail": true  // Emailを検証済みとする
    };
    event.response = confirm;
    context.done(null, event);
};

承認ステータスだけでもOKです。
Emailとかも一緒に検証済みにしてしまいたい場合は、一緒にできます。

Cognitoイベントに設定する

Cognitoのユーザープール内で「トリガー」-「サインアップ前」を確認し、
先ほど作成したLambdaを選択します。

以上でOKです。簡単ですね。
これで、Cognitoのユーザ管理が楽になりました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした