Mac

Macでカラーピッカーが欲しいならデフォルトアプリで十分だった件

More than 1 year has passed since last update.

Webサイト制作やプレゼン資料作成、Githubのラベルの色を決める時など、見ている画面の特定の部分のカラーコードを知りたいことって結構ありますよね。
ブラウザ上だったらChrome Extension等もありますが、実はMacにデフォルトで入っているDigitalColor Meterというアプリで十分だったので紹介します。

DigitalColor Meter を使って色をコピー

スポットライトで起動して

spotlight

こんな感じで色を取得したいところに行って

digitalcolor meter

おもむろに

Command + Shift + C

を押すだけで

clipboard
#5FA123

とクリップボードにコピーされます。

Command + Option + C

だと

green.png

というようにイメージでコピーされます。

必要な設定

DisigalColor Meterはデフォルトで#5FA123の16進数の形式では保存されないので、以下のように設定を変更する必要があります。

画面上の表示方法の変更

L*a*bで表示 -> 汎用のRGBで表示

メニュー上の設定の変更

表示 > 値を表示 >
10進数 -> 16進数
setting16.png