Help us understand the problem. What is going on with this article?

【初心者向け】Laravel プロジェクトを clone してブラウザ表示するまで

Laravel のプロジェクトを clone してきて、SQLite3 に接続して、ブラウザで表示する方法は意外とまとまっていなかったので記事にしました。

推奨環境

  • MacOS Mojave バージョン10.14.2
  • Laravel Framework 5.8.31
  • sqlite3 3.24.0

やり方

1. 対象の Laravel プロジェクトを clone してくる

$ git clone リポジトリ URL

2. プロジェクトのリポジトリに移動し、vendor ディレクトリがないことを確認

$ cd projectName
$ ls

3. Composer がインストールされていなかったら

$ brew install composer

4. ライブラリインストール

$ composer install

vendor ディレクトリが作成されるはず。

5. ディレクトリ下の.env.exampleの内容を.envにコピー

$ cp .env.example .env

clone してきた Laravel プロジェクトは .env ではなく .env.example というファイル名になっているので変更する必要がある。

6. アプリケーションキー(APP_KEY)を設定する

$ php artisan key:generate

.env ファイルの中身を見ると、APP_KEY の内容が APP_KEY=SomeRandomString となっているため、変更する必要がある。

7. SQLite3 の準備

$ touch database/database.sqlite

database ディレクトリに database.sqlite が作られる。

8. .env ファイルの設定

エディタや vim などで .env ファイルの該当箇所を以下のように書き換える

~略~
DB_CONNECTION=sqlite
# DB_HOST=127.0.0.1
# DB_PORT=3306
# DB_DATABASE=homestead
# DB_USERNAME=homestead
# DB_PASSWORD=secret
~略~

DB_HOST以下はいらないのでコメントアウト。
SQLite3 の配置場所やファイル名を変更する場合は、DB_DATABASE に絶対パスで指定しましょう。

9. migrate 実行

$ php artisan migrate

10. いつものようにサーバーを立ち上げる

$ php artisan serve

http://127.0.0.1:8000 にアクセス

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away