Edited at

WindowsでOpenModelicaを使う

More than 1 year has passed since last update.

お手軽にモデルベース開発環境を構築したい』で紹介した、システムモデリングツールOpenModelicaの使い方についてです。


Modelicaとは


Modelicaとは、オブジェクト指向のマルチドメイン・モデリング言語である。他分野に跨る複雑なシステムのモデリング(例えば、機械、電気、電子、油圧、熱、制御、電力、プロセス指向のサブコンポーネントを含むシステム)に最適で、特に物理現象を表現するモデルの構築で使われています。オープンソースである為、特定のツールに依存することなく資産の共有また開発が出来ます。言語仕様やメンテナンスは非営利国際組織のModelica協会によって行われており、標準ライブラリとしてフリーに公開しています。


※出展:Modelica - Wikipedia(2017/01/14取得)


OpenModelica

OpenModelicaはフリーでオープンソースなModelica言語開発環境です。


OpenModelicaのインストール


実行環境

以下の環境にOpenModelicaをインストールします。


  • Windows 10 (64bit)


ダウンロードとインストール


  1. OpenModelicaのインストーラは以下のページからダウンロード可能です。

    Download Windows - OpenModelica

    ※2017/01/14時点ではVer.1.9.7 (32bit only)でしたが、『Releases』バージョンのものを選びました。


  2. ダウンロードしたインストーラを実行し、基本的にデフォルトのまま進めます。

    ※インストール先フォルダは C:\OpenModelica1.9.7 に設定しました。



OMEditの実行

OpenModelicaの基本的な使用方法は、詳しく解説されている以下のページを参照すると良いと思います。


Motorサンプルを実行する

上記ページでも紹介されていますが、ここでもModelica標準のMotorサンプルの について述べることにします。OMEditのライブラリから Modelica.Thermal.HeatTransfer.Exsamples.Motor を開きます。

[シミュレート] を実行し、変数ブラウザから巻線の温度( Twinding.T )と鉄芯の温度( Tcore.T )を表示します。横軸は 時間 [sec] 、縦軸は 温度 [℃] です。

次回は、MotorサンプルをPythonで計算します。

WindowsでModelicaとPythonを連携する - Qiita