Help us understand the problem. What is going on with this article?

Bracketsショートカット集

More than 3 years have passed since last update.

Qiita上の内容を集約し、大幅に修正・加筆したものを本として出版しました。
ブログ:Bracketsの解説書を出版しました

Bracketsのショートカットをまとめました。
(本記事は Brackets Advent Calendar 2014 7日目の記事です)

公式ドキュメント
基本的な使い方
エクステンション集

基本

コマンド名
(コマンドID)
ショーットカット
コピー
edit.copy
Ctrl-C
カット
edit.cut
Ctrl-X
ペースト
edit.paste
Ctrl-V
取り消し
edit.undo
Ctrl-Z
やり直し(Brackets)
edit.redo
Ctrl-Y

Brackets本体

コマンド名
(コマンドID)
ショーットカット
サイドバーを表示する
view.hideSidebar
Ctrl-Alt-H
Cmd-Shift-H(Mac)
サイドバー・ツールバーの表示切り替え
view.togglePureCode
Ctrl-Shift-2
拡張機能付きでリロード
debug.refreshWindow
F5
Cmd-R(Mac)
拡張機能なしでリロード
debug.reloadWithoutUserExts
Shift-F5
Cmd-Ctrl-R(Mac)
開発者ツールを表示
debug.showDeveloperTools
F12
Cmd-Alt-I(Mac)
Brackets サポート
help.support
F1
終了
file.quit
Ctrl-Q

表示設定

コマンド名
(コマンドID)
ショーットカット
フォントサイズを大きく
view.increaseFontSize
Ctrl-+
Cmd-Shift-+(Mac)
フォントサイズを小さく
view.decreaseFontSize
Ctrl--
フォントサイズを元に戻す
view.restoreFontSize
Ctrl-0

ライブプレビュー

コマンド名
(コマンドID)
ショーットカット
ライブプレビュー
file.liveFilePreview
Ctrl-Alt-P
ライブプレビューを強制的に再読込み
file.reloadLivePreview
Ctrl-Shift-R
ライブプレビューハイライト
file.previewHighlight
Ctrl-Shift-C

選択

コマンド名
(コマンドID)
ショーットカット
すべて選択
edit.selectAll
Ctrl-A
行の選択
edit.selectLine
Ctrl-L
※Macは初期状態で割り当てなし(Cmd-Lは「行に移動」に使用)
複数選択
cmd.addNextMatch
Ctrl-B または Ctrl-左ドラッグ
複数選択を取り消し
undoSelection
Ctrl-U
選択範囲をスキップ
cmd.skipCurrentMatch
Ctrl-Shift-B
全てを複数選択
cmd.findAllAndSelect
Alt-F3
※Macは初期状態で割り当てなし
次の行にカーソルを追加
edit.addCursorToNextLine
Alt-Shift-Down
前の行にカーソルを追加
edit.addCursorToPrevLine
Alt-Shift-Up
矩形選択
不明
Alt-左ドラッグ
選択範囲を行に分ける
edit.splitSelIntoLines
Ctrl-Alt-L

コーディング

コマンド名
(コマンドID)
ショーットカット
コードヒントを表示
edit.showCodeHints
Ctrl-Space
パラメーターヒントを表示
showParameterHint
Ctrl-Shift-Space
クイック編集
navigate.toggleQuickEdit
Ctrl-E
新規ルール
navigate.newRule
Ctrl-Alt-N
※HTMLのクイック編集時の「新規ルール」のショートカットです
クイックドキュメント
navigate.toggleQuickDocs
Ctrl-K
行コメントの切り替え
edit.lineComment
Ctrl-/
ブロックコメントの切り替え
edit.blockComment
Ctrl-Shift-/
Cmd-Alt-/(Mac)
インデント
edit.indent
Ctrl-]
インデント解除
edit.unindent
Ctrl-[
行を複製
edit.duplicate
Ctrl-D
行を削除
edit.deletelines
Ctrl-Shift-D
行を上に移動
edit.lineUp
Ctrl-Shift-Up
Cmd-Up(Mac)
行を下に移動
edit.lineDown
Ctrl-Shift-Down
Cmd-Down(Mac)
上の行を開く
edit.openLineAbove
Ctrl-Shift-Enter
下の行を開く
edit.openLineBelow
Ctrl-Enter
前の区切りまで削除
delGroupBefore
Ctrl-Backspace
Alt-delete(Mac)
次の区切りまで削除
delGroupAfter
Ctrl-Delete
Alt-fn-delete(Mac)
すべて折りたたむ
codefolding.collapse.all
Alt-1
Cmd-1(Mac)
すべて展開
codefolding.expand.all
Alt-Shift-1
Cmd-Shift-1(Mac)
現在のコードをたたむ
codefolding.collapse
Ctrl-Alt-[
現在のコードを展開
codefolding.expand
Ctrl-Alt-]

スクロール・キャレット移動

コマンド名
(コマンドID)
ショーットカット
1 行上にスクロール
view.scrollLineUp
Ctrl-Up
Cmd-Alt-Up(Mac)
1 行下にスクロール
view.scrollLineDown
Ctrl-Down
Cmd-Alt-Down(Mac)
文書の先頭へ
goDocStart
Ctrl-Home
Ctrl-Up(Mac)
文書の末尾へ
goDocEnd
Ctrl-End
Ctrl-Down(Mac)
行に移動
navigate.gotoLine
Ctrl-G
Cmd-L(Mac)
前の区切りへ
goWordLeft
Ctrl-Left
Alt-Left(Mac)
※公式ドキュメントに記載があり動作もしますが、コマンドIDはエラーが出ます。
次の区切りへ
goWordRight
Ctrl-Right
Alt-Right(Mac)※公式ドキュメントに記載があり動作もしますが、コマンドIDはエラーが出ます。
行の先頭へ
goLineStart
Alt-Left
Cmd-Left(Mac)※公式ドキュメントに記載があり動作もしますが、コマンドIDはエラーが出ます。
行の末尾へ
goLineEnd
Alt-Right
Cmd-Right(Mac)※公式ドキュメントに記載があり動作もしますが、コマンドIDはエラーが出ます。
最初のエラーまたは警告に移動
navigate.gotoFirstProblem
F8
Cmd-'(Mac)

検索・置換

コマンド名
(コマンドID)
ショーットカット
検索
cmd.find
Ctrl-F
ファイルを横断して検索
cmd.findInFiles
Ctrl-Shift-F
次を検索
cmd.findNext
F3
Cmd-G(Mac)
前を検索
cmd.findPrevious
Shift-F3
Cmd-Shift-G(Mac)
定義をクイック検索
navigate.gotoDefinition
Ctrl-T
置換
cmd.replace
Ctrl-H
Cmd-Alt-F(Mac)
ファイルを横断して置換
cmd.replaceInFiles
Ctrl-Shift-H
Cmd-Alt-Shift-F(Mac)
次の候補に移動
navigate.nextMatch
Alt-Down
前の候補に移動
navigate.previousMatch
Alt-Up
定義にジャンプ
navigate.jumptoDefinition
Ctrl-J
※JavaScript内で使用します

ファイル操作

コマンド名
(コマンドID)
ショーットカット
新規作成
file.newDoc
Ctrl-N
開く…
file.open
Ctrl-O
フォルダーを開く…
file.openFolder
Ctrl-Alt-O
最近使用したファイルを開く…
recent-files.show
Alt-O
最近使用したプロジェクトを表示
recentProjects.toggle
Ctrl-Alt-R
閉じる
file.close
Ctrl-W
すべて閉じる
file.close_all
Ctrl-Shift-W
保存
file.save
Ctrl-S
すべて保存
file.saveAll
Ctrl-Alt-S
名前を付けて保存…
file.saveAs
Ctrl-Shift-S
ファイル名変更
file.rename
F2
前の文書(使用順)
navigate.prevDoc
Ctrl-Shift-Tab
Cmd-Shift-[(Mac)
次の文書(使用順)
navigate.nextDoc
Ctrl-Tab
Cmd-Shift-](Mac)
前の文書(並び順)
navigate.prevDocListOrder
Ctrl-PageUp
Cmd-fn-Up(Mac)
次の文書(並び順)
navigate.nextDocListOrder
Ctrl-PageDown
Cmd-fn-Down(Mac)
クイックオープン
navigate.quickOpen
Ctrl-Shift-O




Sublime Textと複数選択のショートカットが違ったり、Ctrl-Eがクイック編集にデフォルトで割当たっているためEmmetの勝手が違ったり、そのままの設定だと少し使いづらいところもあります。。。

どのようにカスタマイズし衝突を防ぐかは、下記の記事で紹介しています。
Bracketsのショートカットを変更してカスタマイズする方法

Advent Calendar 次の記事は明日8日(月)、natsumiineさんです!
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

assialiholic
Bracketsの本を書いたり、CSSアーキテクチャのPRECSSを作ったりしとります。仕事ではHubSpotをやってます。
http://www.thinkingsalad.com/
lmg
株式会社エル・エム・ジー(LMG)は、現代の情報消費行動に寄り添う愛されるマーケティング活動(Lovable Marketing)を推進するマーケティング企業グループです。
http://lmg.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした