Help us understand the problem. What is going on with this article?

App Preview用動画を無料で作成!申請でエラー時の動画編集方法 The app previews dimensions should be: 1920x1080, 1080x1920.

More than 3 years have passed since last update.

iTunesConnectでアプリ紹介用「App Preview」を作成する際、動画作成用に使っていた動画編集ソフト「AppShow」が有料になってしまった:frowning2:ので、無料で作成する裏技を紹介します:smiley:!!

IMAGE ALT TEXT HERE

ポイント1

QuickTime PlayerとiMovieで作成すると下記のようにサイドに黒いスペースが入ってしまうと画面が小さく、見にくいので縦長の動画を作成しました。

Screen Shot 2017-06-22 at 17.27.16.png

ポイント2

iTunesで登録の際、動画のサイズの規制があり、規定通りでないと下記のようなエラーが出てしまいます。「The app previews dimensions should be: 1920x1080, 1080x1920.」そこで、ffmpegを使ってサイズなど変更しました。

Screen Shot 2017-06-21 at 14.28.06.png

下記のような手順で作成しました!

手順① QuickTime Playerでアプリの操作動画を撮影し、横向きに回転し、エクスポート

Screen Shot 2017-06-22 at 15.05.56.png

手順② iMovieで編集(30秒以下)

Screen Shot 2017-06-22 at 15.04.41.png

手順③ 下記の設定でエクスポート

Screen Shot 2017-06-22 at 17.34.48.png

手順④ 再び、QuickTime Playerで縦向きに回転し、エクスポート

Screen Shot 2017-06-22 at 15.06.54.png

手順⑤ サイズとfpsをAppPreview提出用に変換

ターミナルを開き、「ffmpeg」をインストール

brew install ffmpeg

サイズとfpsを提出用に変換

ffmpeg -i ~/Downloads/kawlu7.mov -s 1080x1920 -r 30 -strict -2 Kawlu_new7_1080x1920.mov

手順⑥

iTunesで提出

Screen Shot 2017-06-22 at 17.30.03.png

参考になったら「カウル」の登録をお願いします(^^!

===
Web 上で便利にマンションを購入・売却することができる不動産売買仲介サービス「カウル」(https://kawlu.com/)のAndroidアプリをリリースしました!!!!
同時に、iOS/PC版も含めUIをフルリニューアルして使いやすくなりました!

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.housmart.kawlu
iOS:https://itunes.apple.com/app/id1143903849

[カウルの特徴3つ!]

①従来は店舗に足を運ぶ必要があったマンションの購入や売却を、オンライン上で 24時間いつでもどこでも行うことが可能

②コンシェルジュ型の物件提案を行い、検討中の方の条件や嗜好に合致した物件をアプリが自動的に提案することが可能

③これまでの不動産取引では提供が難しかった、「現在の市場価格の目安」「過去の売買事例」「新築時の価格」「購入時の必要費用」「購入後のランニングコスト」など、客観的で透明性の高い情報を開示

早速各社メディアにも取り上げていただきました!
▼CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35102736/
▼The BRIDGE
http://thebridge.jp/2017/06/kauru-android-release

aska52
毎日が楽しく快適になるサービス作ってます。 勉強会・開発ミーティング開催してます。エンジニア&アプリディレクター(メディア・ニュース・SNS)
http://asksun.net/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away