PHP
CentOS
Apache

Cent OS 7上でApache/PHP開発環境を構築する

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Linuxサーバ環境として定番のCentOS7上に、PHP7.1が動作するWebサーバ環境を構築していきたいと思います。
前回までの記事で、GCP上にCentOS開発サーバを構築する手順をまとめていますので、あわせてお読みください。
* GCPに共通鍵を追加する手順まとめ
* GCP Compute Engineを使ってLinuxサーバを始める
* Cent OS 7開発用サーバを初期設定する

インストール手順

作業方針

簡単にインストールできるよう、今回はCentOS標準パッケージマネージャのyumを使います。

PHP 7.1インストール

パッケージのインストール

以下のコマンドでPHP最新版をremiリポジトリからインストールします。
※比較的よく使いそうなPEAR,APCU,XML関連のモジュールも指定しました。

yum -y install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
yum -y install --enablerepo=remi-php71 php php-cli php-common php-devel php-mbstring php-pear php-pecl-apcu php-soap php-xml php-xmlrpc php-zip

php.iniの編集

設定ファイルを、以下を参考に編集します。
※以下はGCP n1-standard-1(vCPU x 1、メモリ 3.75 GB)程度のスペックを想定しています。

/etc/php.ini
[PHP]

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Language Options ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

engine = On
short_open_tag = On
precision = 14
output_buffering = 4096
zlib.output_compression = Off
unserialize_callback_func =
serialize_precision = -1
disable_functions =
disable_classes =
zend.enable_gc = On
expose_php = Off

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Resource Limits ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

max_execution_time = 30
max_input_time = 60
memory_limit = 64M

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Error handling and logging ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

error_reporting = E_ALL & ~E_DEPRECATED & ~E_STRICT
display_errors = On
display_startup_errors = On
log_errors = On
log_errors_max_len = 1024
ignore_repeated_errors = Off
ignore_repeated_source = Off
report_memleaks = On
track_errors = Off
html_errors = On

;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Data Handling ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;

variables_order = "GPCS"
request_order = "GP"
register_argc_argv = Off
auto_globals_jit = On
post_max_size = 64M
auto_prepend_file =
auto_append_file =
default_mimetype = "text/html"
default_charset = "UTF-8"

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Paths and Directories ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

doc_root =
user_dir =
enable_dl = Off

;;;;;;;;;;;;;;;;
; File Uploads ;
;;;;;;;;;;;;;;;;

file_uploads = On
upload_max_filesize = 32M
max_file_uploads = 20

;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Fopen wrappers ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;

allow_url_fopen = On
allow_url_include = Off
default_socket_timeout = 60

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Dynamic Extensions ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Module Settings ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

[CLI Server]
cli_server.color = On

[Date]
date.timezone = Asia/Tokyo

[Pcre]
pcre.jit=0

[mail function]
sendmail_path = /usr/sbin/sendmail -t -i
mail.add_x_header = On

[bcmath]
bcmath.scale = 0

[Session]
session.save_handler = files
session.use_strict_mode = 0
session.use_cookies = 1
session.use_only_cookies = 1
session.name = PHPSESSID
session.auto_start = 0
session.cookie_lifetime = 0
session.cookie_path = /
session.cookie_domain =
session.cookie_httponly =
session.serialize_handler = php
session.gc_probability = 1
session.gc_divisor = 1000
session.gc_maxlifetime = 1440
session.referer_check =
session.cache_limiter = nocache
session.cache_expire = 180
session.use_trans_sid = 0
session.sid_length = 26
session.trans_sid_tags = "a=href,area=href,frame=src,form="
session.sid_bits_per_character = 5

[Assertion]
zend.assertions = -1

[mbstring]
mbstring.language = Japanese

正常にインストールできているか、以下のコマンドで確認できます。

php -v

以下のように表示されれば成功です。

PHP 7.1.10 (cli) (built: Sep 27 2017 08:27:18) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies

Composerのインストール

最近のPHPでは主流となっているパッケージマネージャのComposerをインストールします。

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
mv composer.phar /usr/bin/composer

正常にインストールできているか、以下のコマンドで確認できます。

composer -V

以下のように表示されれば成功です。

Composer version 1.5.2 2017-09-11 16:59:25

XDebugのインストール

以下の手順で、XDebugをソースからコンパイルし、インストールします。
※XDebugはPHPプログラムをリモートデバッグを行う為のモジュールですので、必要ない方はこの項を読み飛ばしてください。

cd /usr/local/src
git clone git://github.com/xdebug/xdebug.git
cd xdebug
phpize
./configure --enable-xdebug
make
make test
make install

php.iniに以下の行を追加します。

/etc/php.ini
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Dynamic Extensions ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
zend_extension=xdebug.so

[XDebug]
xdebug.dump_undefined = 1
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.remote_host=localhost
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_handler=dbgp
xdebug.remote_mode=req
xdebug.remote_autostart = 1

正常にインストールできているか、以下のコマンドで確認できます。

php -v

以下のように表示されれば成功です。

PHP 7.1.10 (cli) (built: Sep 27 2017 08:27:18) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies
    with Xdebug v2.6.0-dev, Copyright (c) 2002-2017, by Derick Rethans

Apache 2.4インストール

パッケージのインストール

以下のコマンドでApache最新版をインストールします。

yum -y install httpd httpd-devel

Apache実行ユーザの作成

Apacheを実行する為のユーザとして今回はwwwを以下のコマンドで作成します。
※それ以外のユーザで動作させる場合は、この手順は読み飛ばしてださい。
※Apacheをrootユーザで実行しないように注意してください。

useradd www
mkdir /home/www/htdocs
chown www:www /home/www/htdocs
chmod 0777 /home/www/htdocs

httpd.confの編集

設定ファイルを以下のように編集します。
以下の例ではドキュメントルートは"/home/www/htdocs"になります。

/etc/httpd/conf/httpd.conf
ServerRoot "/etc/httpd"
Listen 80
Include conf.modules.d/*.conf
User www
Group www
ServerTokens Prod
ServerAdmin 管理者のメールアドレス
ServerName ドメイン名:80
ErrorLog "logs/error_log"
LogLevel warn
AddDefaultCharset UTF-8
EnableSendfile on
DocumentRoot "/home/www/htdocs"
LimitRequestBody 10485760
LimitRequestFields 100
RequestReadTimeout header=20-40,MinRate=500 body=20,MinRate=500
FileETag None

<Directory />
    AllowOverride none
    Require all denied
</Directory>

<Directory "/home/www">
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride None
    Require all granted
    Require method GET POST
    <Limit GET POST>
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Limit>
    <LimitExcept GET POST>
        Order deny,allow
        Deny from all
    </LimitExcept>
</Directory>

<IfModule dir_module>
    DirectoryIndex index.html
</IfModule>

<Files ".ht*">
    Require all denied
</Files>

<IfModule log_config_module>
    LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined
    LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b" common
    CustomLog "logs/access_log" combined
</IfModule>

<IfModule mime_module>
    TypesConfig /etc/mime.types
</IfModule>

<IfModule mime_magic_module>
    MIMEMagicFile conf/magic
</IfModule>

<IfModule reqtimeout_module>
    RequestReadTimeout header=20-40,MinRate=500 body=20,MinRate=500
</IfModule>

IncludeOptional conf.d/*.conf

Apacheの起動

設定が完了したら以下のコマンドで起動し、自動起動を設定します。

systemctl start httpd
systemctl enable httpd

テストPHPファイルを配置し、動作を確認しましょう。
以下のように作成し、現在時刻が表示されたら成功です。

/home/www/htdocs/index.php
<html><body>Hello, current time is <?= date('r') ?></body></html>