Twitter
ifttt
Slack

Twitterで投稿したURLやメッセージをSlackにも投稿する

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

イベントごとをやっておりまして、Twitterで宣伝することが増えてきました。

Twitterで投稿した内容をメンバの皆さんにもリツートしてほしいなと思い、

今までは手動で、「このつぶやきをリツートしてね(URL)」としてたのですが、

面倒だなと思い、Twitterでつぶやいたら、その内容にリツートしてほしい文言を追加して、

Slackの指定チャネルに投稿できないかと思い調べた結果、できることがわかったので、

今回はその設定方法を書いてみます。


IFTTTの利用


IFTTTについて

IFTTTについては、Wikipediaを参照して下さい。

IFTTTを利用すると色々なサービスとの連携ができるので、これからあれこれ試して、またアウトプットしようと思います。


IFTTTへログイン

まずはIFTTTへアクセスして、ログインが必要になります。

ログインはGoogleアカウントもしくはFacebootアカウントもしくはメールアドレスになります。

今回は、Googleアカウントを利用してログインしました。

お好きなアカウントを利用して下さい。


IFTTTの設定(Twitter→Slack)

ログインが終わりましたので、これからIFTTTの設定をしていきます。

1. 「My Applets」→「Applets」→「New Applet」の順でクリックします。

0001.png


  1. 「+this」と書かれたところをクリック

    0002.png


  2. 「Twitter」をクリック

    0003.png


  3. 「New tweet by a specific user」をクリック

    0004.png


  4. Twitterアカウントを入力して、「Create trigger」ボタンをクリック

    0005.png


  5. 「+that」をクリック

    0006.png


  6. 検索フィールドに「slack」と入力すると「Slack」の画像が出てくるので、それをクリック

    0007.png


  7. 「Connect」をクリック

    0008.png


  8. SlackのWorkspaceを確認して、「Authorize」をクリック

    0009.png


この時、表示されている以外のSlackのWorkspaceを選択したい場合は、右上にプルダウンが表示されますので、そこから選択ができます。また、追加しないと行けない場合は、「Sign in to another workspace」を選択して追加して下さい。

00091.png


  1. 「Post to channel」をクリック

    0010.png


  2. 順に情報を入力していきます。

    ①は、投稿先の情報(Channels / Direct Messages / Private Groups)のいづれかを選択

    ②は、チャネル名やダイレクトメッセージ先を選択

    ③は、Slackに投稿するメッセージ内容を入力

    ④は、Slackに投稿するメッセージのタイトルを入力

    ⑤は、TwitterのURLを入力

    尚、今回やりたいのは自身で考えてたメッセージとTwitterのURLだけだったので、②を修正して、③④は何も入力していません。 今回設定した内容は以下の通り



    @here こちらRTお願いしますー{{LinkToTweet}}



    全てが終わったら、「Create action」をクリック

    0011.png

    00111.png


  3. 最後に「Finish」をクリック、これで完了です。

    0012.png



動作確認

それでは、Twitterでつぶやいて下さい。

今回は @here 宛に 「こちらRTお願いしますー」というメッセージとともにTwitterのURLをセットしております。

0100.png

これで完了です。


最後に

設定はすごく簡単です。コレができると情報を取りまとめるSlackチャネルを作って、Twitterアカウントでつぶやかれる情報が集約して見ることができます。

楽ですね。

一度、お試しを!


参考文献

Twitterで見逃したくないツイートをSlackに連携する