Edited at

useradd コマンド

More than 1 year has passed since last update.


useradd コマンド

ユーザの追加は、一般ユーザでは行えない。

管理者権限を持つアカウントで操作する。

任意のユーザ名でユーザを追加するコマンドは次の通り。

# useradd [オプション] username

useradd [-c comment] [-d home_dir]

[-e expire_date] [-f inactive_time]
[-g initial_group] [-G group[,...]]
[-m [-k skeleton_dir]] [-o] [-p passwd]
[-s shell] [-u uid] login


オプション

オプション
説明

-b, --base-dir BASE_DIR
新アカウントのホームディクトリのベースディレクトリ

-c, --comment COMMENT
新アカウントの GECOS フィールド

-d, --home-dir HOME_DIR
新アカウントのホームディレクトリ

-D, --defaults
useradd のデフォルト設定を表示または変更

-e, --expiredate EXPIRE_DATE
新アカウントの期限切れ日付

-f, --inactive INACTIVE
新アカウントのパスワード無効化日数

-g, --gid GROUP
新アカウントの主グループの名前または ID

-G, --groups GROUPS
新アカウントの補助グループのリスト

-h, --help
このヘルプを表示して終了する

-k, --skel SKEL_DIR
雛型ディレクトリに指定のものを使う

-K, --key KEY=VALUE
/etc/login.defs のデフォルトより優先される

-l, --no-log-init
ユーザを lastlog, faillog のデータベースに追加しない

-m, --create-home
ユーザのホームディレクトリを作成する

-M, --no-create-home
ユーザのホームディレクトリを作成しない

-N, --no-user-group
ユーザと同名のグループを作成しない

-o, --non-unique
UID が同じユーザの作成を許す

-p, --password PASSWORD
新アカウントの暗号化されたパスワード

-r, --system
システムアカウントを作成します

-R, --root CHROOT_DIR
chroot するディレクトリ

-s, --shell SHELL
新アカウントのログインシェル

-u, --iud UID
新アカウントのユーザ ID

-U, --user-group
ユーザと同じ名前のグループを作成する

-Z, --selinux-user SEUSER
SELinux のユーザマッピングに指定したSEUSER を使う


デフォルト値の変更

-D オプションを指定すると、 useradd は現在のデフォルト値を表示するか、

またはオプションで与えられた値に応じて、デフォルト値を変更する。使用可能なオプションは次の通り。

# useradd -D [オプション]

useradd -D [-g default_group] [-b default_home]

[-e default_expire_date] [-f default_inactive]
[-s default_shell]

オプション
説明

-b, --base-dir
デフォルトのホームディレクトリを指定

-e, --expiredate
デフォルトのアカウントが無効になる日数を指定

-f, --inactive
デフォルトのパスワードの仕様期限が切れてから使用不能になるまでの日数を指定

-g, --gid
ユーザの初期グループを指定

-s, --shell
ユーザのログインシェルを指定