Help us understand the problem. What is going on with this article?

errbit-phpを試してみる

More than 5 years have passed since last update.

errbit-phpを試してみる

調べてもほとんど情報が出てこないのでメモ書き程度でも残しておく。
errbit-phpの中で無名関数使ってるので、php5.3以上でないと動かないので注意。

あと、errbitの中でmongod使うようなので、こちらも別途インストールして起動しておく。

導入

errbitを入れる

ここはruby。
まず、rbenvとかで適当にruby入れておく。

bash
rbenv install 2.1.1
rbenv rehash
rbenv shell 2.1.1
ruby -v

githubから取ってくる。

git clone https://github.com/errbit/errbit

bundleして

cd errbit
bundle install

port3000で起動

bundle exec rails s
unicornとかに換えても良いと思う。

ブラウザでアクセスしてみる

http://localhost:3000/

デフォルトのままなら

でログインできるはず。
seedはdb/seeds.rbにあると思う。

アプリケーションを登録。

ログインした後に
Apps -> Add a New App

から登録。
ここで登録した時に割り振られるapi-keyは後で使うのでメモっておく。

errbit-phpを入れる

ここからphp。

githubから取ってくる。

git clone https://github.com/flippa/errbit-php.git

プロジェクトにコピー

cp -r errbit-php/lib/ /path/to/proj

設定

初期設定はこんな感じ。
詳細はREADME.md見るといいかも。

  • api-key: errbitのwebアプリから登録したアプリケーションのキー
  • host: errbitの動いているホスト
  • port: 上記errbitの導入でwebrickで起動してるので、この場合は3000

project_rootとかenvironment_nameとかはたぶん表示に使うだけだと思う。

php
require_once APPPATH . '/libraries/Errbit.php';

Errbit::instance()->configure(array(
    'api_key'           => 'd8e13dff0e25755995cbf25f512df250',
    'host'              => 'localhost',
    'port'              => 3000,
    'project_root'      => dirname(__FILE__),
    'environment_name'  => "development",
));

監視 or 通知の設定

以下、ざっくり使い方。
間違ってたら指摘お願いします。
詳細はREADME.MDを参照されたし。

php
Errbit::instance()->start();

とやっておくと、phpのエラーハンドラに登録するらしいので、
エラーが起きた時に自動的に通知してくれる。

が、これだとエラーハンドラがerrbit-phpに食われてしまうので、
手元から通知する場合は

php
try {
    something_proc_error_may_occurs();
} catch(Exception $e) {
    Errbit::instance()->notify($e);
    throw $e;
}

とかしてやるといいと思う。

これで、errbitのwebアプリのErrorsタブにエラーが登録されて確認できるようになる。

ユーザの追加とかNOTIFICATIONSとかWATCHERSとかはまぁ、適当に。
# ほんとにちょっと試したかっただけなのでそこまでしっかり設定してない :)

arc279
フリーランスだけどわりとどこ行っても「いい感じにする」のに定評があるおっさん
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした