LoginSignup
31

More than 5 years have passed since last update.

Powershellでプリンターをインストール(概要)

Last updated at Posted at 2015-06-25

プリンターのインストールはバッチではなく、
Powershellでインストールすべきだ。

今まではprnport.vbs等のVBSファイルや、
PrintUIEntryをbatで書くようなことが行われていた。
あれは非常に読みにくい。

PowershellとWMIObjectを使えば分かり易くて、
WindowsXP から最新のWindows10まで動くプリンターを
インストールするスクリプトが書ける。

Windows8.1以上の端末を持っている人は、
Add-Printer等のCmdletを使ったほうがいいだろう。

Windows7をお守り続けなければならない我々の性だ。
お付き合いしていただけるとありがたい。

プリンターのインストールで使うWMIObject

PowershellとWMIを使ってプリンターを追加するには以下の手順を
順番にやる必要があります。

  1. プリンタードライバーの追加
  2. プリンターポートの追加
  3. プリンターを追加

図解すると下図のようになる。
PrinterInstallImage.png

WMIObjectではそれぞれ

  1. Win32_PrinterDriver
  2. Win32_TcpIpPrinterPort
  3. Win32_Printer

となります。

今後の予定

下記の章立てで1つずつ順番に説明します。

  1. PowerShellでプリンターをインストール(概要) <- イマココ
  2. PowerShellでプリンタードライバーをインストール
  3. PowerShellでプリンターポートの作成
  4. PowerShellでプリンターの作成
  5. Powershellでプリンタードライバーをインストール x86_x64共用版

1章から4章まで、
Canon LBP8710 LIPSLXをインストールすることを前提に、
実際にプリンターが使えるところまでをソースコードを交えて順番に
説明していこうと思います。

5章では、
その応用として64bitOS、32bitOSが混在している時に
どう対処すればいいかを説明します。

参考文献

Powershell and Printer Servers
New-ObjectでWMIObjectを使う方法

Win32_Printer class
Win32_TcpIPPrinterPort class
Win32_PrinterDriver class

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
31