Help us understand the problem. What is going on with this article?

Android Thingsでシリアル通信(UART)する(PL2303HX内蔵USBシリアル変換ケーブルを使用)

More than 3 years have passed since last update.

UARTとは?

https://ja.wikipedia.org/wiki/UART

USBシリアル変換ケーブル

PL2303HX内蔵USBシリアル変換ケーブル
Amazonなどで購入できます

線の意味

意味
5V PWR
GND
UART0 TX
UART0 RX

配線図

rpi3_schematics.png

Macから接続

$ ls /dev/tty.*

で接続しているデバイスを確認

$ screen /dev/tty.usbserial 115200

で接続する(/dev/tty.usbserialは上で確認したデバイスを指定)

実行結果

上のscreenコマンドを実行するとデフォルトでは以下のように表示され、コンソールに入ることが出来ます。
あとはadb shellで接続した場合と同様にコマンドを実行することが出来ます。

rpi3:/ $

切断方法

Control + a を押してから a だけ離して k を押します。

Really kill this window [y/n]

というメッセージが表示されるので、yを押すと切断されます。

シリアルポートの設定変更

Raspberry Pi 3の初期設定では、シリアルポートはコンソールにログインするようになっています。これを無効化し、プログラムから利用できるように設定します。

  1. microSDを取り出し、PCにマウントします
  2. RPIBOOT/cmdline.txt を開き、以下の部分を削除します

console=serial0,115200

これを行うことで、プログラムからUARTでシリアル通信を行うことができるようになります

サンプルコードの取得

Googleがサンプルコードを提供しているので今回はそれを利用します。

git clone https://github.com/androidthings/sample-uartloopback.git

サンプルコードの実行

そのまま実行するとシリアル接続して入力した文字列がそのまま表示されます。

このままだと正しく動作しているのかわかりにくいので、LoopbackActivity.javaの165行目を

mLoopbackDevice.write(buffer, read);
mLoopbackDevice.write(buffer, read);

のように2行にしてみます。そうすると、入力した文字が2回表示されている事が確認できます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした