Help us understand the problem. What is going on with this article?

pythonでハッシュ化して某大臣のエゴサから逃れる

はじめに

先日、こちらの記事を読んで、私もハッシュ化して67344549d15075a087a77f88e1ad920b21a387a9大臣のエゴサを凌駕したい!と考えpythonのハッシュ化について勉強してみました。
ですので、今回は勉強した内容を共有したいと思います。

ハッシュ化の概要

・アルゴリズムによって文字列を規則性の見えない文字列に変換する。
 (例)
 ハッシュ化前:サンプル
         ↓
 ハッシュ化後:b80f059f7c6301c6fb2a34615edca2634bc65fa6

・ハッシュ化のアルゴリズムは何種類も存在する。
・ハッシュ化によって生成された文字列をハッシュ値という。
・ハッシュ値から元の文字列を推定することは困難である。
 つまり、「元データ→ハッシュ値」に変換するのは容易だけど「ハッシュ値→元データ」を推定するのは困難だよ〜ということです。
・規定のアルゴリズムにより生成されているため、何度同じデータをハッシュ化しても同じハッシュ値が生成される。
・元のデータが少し変わると生成されるハッシュ値は全く違うものになる。
といった特徴があります。

hashlib対応アルゴリズムの確認

hash_list.py
import hashlib

print(sorted(hashlib.algorithms_guaranteed))
#['blake2b', 'blake2s', 'md5', 'sha1', 'sha224', 'sha256', 'sha384', 'sha3_224', 'sha3_256', 'sha3_384', 'sha3_512', 'sha512', 'shake_128', 'shake_256']
print(sorted(hashlib.algorithms_available))
#['DSA', 'DSA-SHA', 'MD4', 'MD5', 'MDC2', 'RIPEMD160', 'SHA', 'SHA1', 'SHA224', 'SHA256', 'SHA384', 'SHA512', 'blake2b', 'blake2s', 'dsaEncryption', 'dsaWithSHA', 'ecdsa-with-SHA1', 'md4', 'md5', 'mdc2', 'ripemd160', 'sha', 'sha1', 'sha224', 'sha256', 'sha384', 'sha3_224', 'sha3_256', 'sha3_384', 'sha3_512', 'sha512', 'shake_128', 'shake_256', 'whirlpool']

algorithms_guaranteed:「標準サポート」のハッシュ・アルゴリズムを表示します。
algorithms_available :「利用可能」なハッシュ・アルゴリズムを表示します。

サンプルコード

今回は、三つ紹介します。

hash_sample.py
import hashlib
hash_before_word = '働きたくない'

# MD5
hash_after_word_md5 = hashlib.md5(hash_before_word.encode()).hexdigest()
print(hash_after_word_md5)
#450ba26c03d7740818d9b0f2bb97bc5

# blake2b
hash_after_word_blake2b = hashlib.blake2b(hash_before_word.encode()).hexdigest()
print(hash_after_word_blake2b)
#52e284d94dfdc8e88c2926f234907127e98738e03e96f21a510e4822e0891385154430de8c047a4c4868199aad8b8db093d3a995952d17c738e77cab7875acf9

# sha224
hash_after_word_sha224 = hashlib.sha224(hash_before_word.encode()).hexdigest()
print(hash_after_word_sha224)


このように複数のハッシュアルゴリズムによってハッシュ化できます。
他のハッシュアルゴリズムを使いたいときは、ハッシュアルゴリズム名を変更するだけです。

まとめ

今回はpythonを使ったハッシュ化のアルゴリズムを紹介しました。
67344549d15075a087a77f88e1ad920b21a387a9大臣のエゴサ回避なり、パスワード管理なりご利用ください。(ただし、倫理は守りましょう)

いや〜、ffd4a94997286e73f1031aa7464b0d0cd1213bfdですね。

参考

https://docs.python.org/ja/3/library/hashlib.html

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした