Help us understand the problem. What is going on with this article?

Juliaの開発環境(Emacs + ESS)

More than 5 years have passed since last update.

現在 Emacs における Julia の開発環境は julia-mode.el と ESS があります。

julia-mode.el
https://github.com/JuliaLang/julia/blob/master/contrib/julia-mode.el

ESS (Emacs Speaks Statistics)
http://ess.r-project.org/

julia-mode.el は Julia の github リポジトリで提供されている elisp です。
しかし現時点では julia-mode.el はキーワードの色付けといった基本的な機能しかありません。

ESS (Emacs Speaks Statistics) は R や S といった統計解析言語のためのメジャーモードです。
R 言語の開発環境の中でも最も強力な環境の一つです。

この ESS 実は Julia にも対応しています。
ESS を導入することで Julia でも高度な補完機能,eldoc の対応や Emacs 内でのインタプリタ起動が実現できます。
本ページでは ESS の導入方法と簡単な開発例を示します。

インストール

ESS は結構活発に開発されているので package.el でインストールするか github から直接インストールして利用する方が良いと思います。

package.el が一番簡単にインストールできます。
M-x package-installess と入力すればインストールできます。

github からインストールする場合は

$ git clone https://github.com/emacs-ess/ESS.git
$ cd ESS
$ make
$ make install

でインストールできます。

なお auto-complete.el も導入しておくと補完機能が利用できます。

使い方

正常にインストールできていれば

(require 'ess-site)

で ESS モードが利用できます。
最新版をインストールしていれば特別な設定なしに拡張子 .jl のファイルを開くと ESS モードになると思います。
M-x julia で Julia のインタプリタが Emacs 内で起動します。
M-x ess-load-file または C-c C-l で .jl ファイルをインタプリタで評価できます。
Emacs のモードラインが (ESS[julia] [julia]) になっていれば,そのファイルで補完機能や eldoc が有効になります。

Screenshot_from_2013-12-14 09:32:46.png

ESS の機能はかなり豊富なので詳しい使い方や設定方法は本家のドキュメント

http://ess.r-project.org/Manual/ess.html

を読むことをおすすめします。

まとめ

Emacs と ESS による Julia の開発環境を紹介しました。
個人的に現時点で最も高機能な Julia の開発環境だと思います。
R の開発で ESS を利用していた方が違和感なく Julia の開発環境を構築できることもメリットだと思います。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away