Windows
Git

Git インストール for Windows

Git最新バージョンをwindowsでインストールする手順です。
※ 2018/05/01時点。Git version2.17.0

インストールファイル入手

インストールファイル実行

  • ダウンロードしたexeファイルを実行する。

ライセンス確認

git01.PNG

  • そのまま[Next >]をクリック

インストール先設定

git02.PNG

  • インストール先はデフォルトでよい。[Next >]

コンポーネント設定

git03.PNG

  • 何か特別に設定を加えるのでなければそのまま[Next >]
    今回はそのままにする。

スタートメニュー登録

git04.PNG

  • そのまま[Next >]

エディタ選択

git05.PNG

  • 好みのエディタを選択
    とりあえずVimを選択して[Next >]

環境変数の設定

  • Use Git from Git Bash Only
    • GitコマンドをGit Bashでしか使えない状態にする。
  • Use Git from the Windows Command Prompt
    • Gitコマンドをコマンドプロンプトからでも使えるようにする。
  • Use Git and optional Unix tools from the Windows Command Prompt
    • Gitコマンドだけでなく、Unixコマンドもコマンドプロンプトから使えるようにする。

git06.PNG

  • 今回は「Use Git from the Windows Command Prompt」を選択して[Next >]

SSLライブラリの設定

git07.PNG

  • デフォルトのまま[Next >]

改行コード設定

git08.PNG

  • デフォルト設定(一番上)のままで[Next >]
    ※参考リンクに詳しい解説あり

コンソール設定

  • コンソールにコマンドプロンプトを使用したければ Use Windows' default console windowを選択

git09.PNG

  • 今回はデフォルトを選択し[Next >]

gitconfigについての設定

  • Enable file system caching
    • git status時などでの応答速度を改善するfscacheキャッシュを有効にするかしないかオプション
  • Enable Git Credential Manager
    • GitHub等にアクセスする際の二段階認証に対応するかのオプション
  • Enable symbolic links
    • シンボリックリンクの使用/不使用のオプション

git10.PNG

  • シンボリックリンクは使えた方が便利らしいので「Enable symbolic links」(一番下)にチェックを入れる。
    [Install]をクリック

インストール

git11.PNG

インストール終了

git12.PNG

  • この画面が出ればインストール完了

参考記事
* https://qiita.com/toshi-click/items/dcf3dd48fdc74c91b409
* https://utano.jp/entry/2016/07/git-for-windows-install/