Windows
Git
環境構築
インストール手順
windo

自分用 Git For Windowsのインストール手順

More than 1 year has passed since last update.

概要

GitのWindows用クライアントをインストールする。
手順をすぐ忘れてしまうので自分用にメモする。

ダウンロード

以下のページからダウンロードします。
https://git-scm.com/

インストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストーラーを起動します。

ライセンス確認

2017-07-27 (54).png

ライセンスを確認して、Nextをクリック。

インストール先設定

2017-07-27 (55).png

インストール先ディレクトリを指定できる。
今回はGitをクライアントとしてのみ使うのでこのままで進めます。

コンポーネント設定。

  • 「Additional Icons」- 「On the Desktop」はアイコンをデスクトップに置く設定。不要なのでチェックを外す。
  • 「Windows Explorer Integration」はファイルやディレクトリを右クリックしたときのメニューに追加するかの設定。不要なのでチェックを外す。
  • 「Git LFS」は使うのでチェック。
  • 一番下の「Use a TrueType font in all console windows」は、文字化けが起きるのでチェックを外す。 2017-07-27 (56).png

スタートメニューへの登録

2017-07-27 (57).png

そのままNext。

環境変数をどうするかの設定。

  • Use Git Bash only
    • 環境変数を汚さない。Cygwin等を導入している場合はこれ。
  • Use Git from the Windows Command Prompt
    • コマンドプロンプトやPowerShellからGitのコマンドだけが使用できるように。
  • Use Git and included Unix tools from the Windows Command Prompt
    • gitだけでなく、他のlsやlessなどをコマンドプロンプトやPowerShellから使用可能になります。 2017-07-27 (58).png

今回はデフォルトの「Use Git from the Windows Command Prompt」にします。

SSLライブラリの選択

2017-07-27 (59).png

そのままNext。

改行の取り扱いについての設定。

  • Checkout Windows-style, commit Unix-style line endings
    • チェックアウト時に改行コードはCR LFに変更され、コミット時には全てLFに変換される。
  • Checkout as-is, commit Unix-style line endings
    • チェックアウト時は改行コードについては何もしない、コミット時には全てLFに変換される。
  • Checkout as-is, commit as-is
    • 改行コードについては何もしない。

2017-07-27 (61).png

以前は「Checkout as-is, commit as-is」にしていたのですが、最近はVMや検証環境で改行コードに悩まされる事が多いので今回は「Checkout as-is, commit Unix-style line endings」にします。

コンソールの設定

2017-07-27 (62).png

Gitで使用するコンソールをCygwinで使用されているMinTTYを使用
するか、Windowsの標準コンソールを使用するか選択。
Windowsの標準コンソールを選択。

gitconfigについての設定。

  • Enable file system caching
    • git status時などでの応答速度を改善するfscacheキャッシュを有効にするかしないかオプション
  • Enable Git Credential Manager
    • GitHub等にアクセスする際の二段階認証に対応するかのオプション
  • Enable symbolic links
    • シンボリックリンクの使用/不使用のオプション 2017-07-27 (63).png

インストール開始

2017-07-27 (64).png

インストール終了

2017-07-27 (65).png

おわりに

複雑な割にOS再インストールの際ぐらいにしかインストールしないので選択項目を忘れるのでまとめました。
次のOS再インストールの際にまたブラッシュアップしたいと思います。