Help us understand the problem. What is going on with this article?

NHK紅白の Android/iPhone アプリが .NET/Xamarin 製だったということ

More than 5 years have passed since last update.

新年あけましておめでとうございます。
今年も Xamarin 推しで参ります、よろしくお願いします。

2013年大晦日の紅白歌合戦、NHK が iPhone/Android 用のアプリを配信していました。

なんとこのアプリ、Xamarin 製だったとのこと。
紅白あんまり興味なかったのでノーチェックでしたわー。

このツイートを RT した後、ソッコーで Android 版を入れてみましたら、確かにクレジットに MvvmCross やら ActionBarSherlock for Xamarin やらならんでいました。

開発してるのは…

開発は、スレイプニル で有名なフェンリルさんのようですね。

2年連続で作っておられるようですが、おととしから Mono(MonoTouch/Mono for Android) 製だったのかな?いやスゴいです!

使われているライブラリ

せっかくなので、Android/iOSアプリ両方の著作権表示から、使われている OSS ライブラリを列挙してみます。(こちらのエントリにインスパイアされました)
当然ですが、すべて .NET/Mono で動作するライブラリばかりです。(ActionBar と Nimbus を除く)

MvvmCross

Json.NET

SocketIO4Net.Client

WebSocket4Net

SuperSocket.ClientEngine

MvxSettings

ActionBarSherlock for Xamarin

AsyncOAuth

Nimbus

  • http://nimbuskit.info/
  • iOS の UIパーツがいろいろ拡張されてる的なライブラリ?Xamarin.iOS で Binding して使ってるのかなあ?

Html Agility Pack

生放送のテレビ番組向けアプリということで、リアルタイム通信に注力された様子が、使用されたと思われるライブラリからも伺えます。

これは強力すぎる Xamarin 導入事例ですね

日本の最も有名なテレビ番組のスマホアプリに Xamarin が使われていたというのは大きな導入事例になること必至です。
アプリの性質上、期間限定となる可能性もあります。できればこのまま公開しつづけて欲しいですが、Xamarin を上司や提案先に紹介されたい場合は、お早めに、またキャプチャを多く撮っておかれる事をおすすめします。

最後に、今年が Xamarin 普及元年とならん事を近くの神社にお祈りして、新年最初のエントリの締めとします。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away