Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@alt-core

DM200 Linux のキーボードの不具合

More than 1 year has passed since last update.

キーボードしかないpomera DM200でも快適X Window環境 という記事で pomera DM200 に Debian Linux を導入して快適に使っているのですが、ヘビーにテキスト入力につかっていると、どうしても気になることがあります。

それは、「しゅ」と入力したつもりが「しゃう」と入力され、「さい」と入力したつもりが「さ8い」と入力されるという問題です。

まだ解決策を見つけられていませんので、問題の共有のみです。修正方法についての情報をお待ちしております。
暫定的な回避方法を実施中です: DM200 Linux のキーボードの不具合の暫定回避 - Qiita

症状

ある4キーの組み合わせにおいて、そのうち3つのキーを同時押しすると、もう1つのキーも押されたことになってしまう。

例えば、「A」「S」「H」「U」がその組み合わせの一つであり、S H U と順番に指を離さず3キー押すと、shau と入力され、押していない A が入力される。

発見している組み合わせは以下の通りだが、他にも多数の組み合わせが存在している。

  • AS8I
  • ASRD
  • ASTY
  • ASUH
  • AS;[
  • AS\(方向キー上)
  • SDQ4
  • SDXC
  • DRTY
  • TYHU
  • TY8I

発生場所

X上でも、コンソール上でも同様に発生する。

pomera の標準エディタでのワークアラウンド

pomera の標準のエディタ上でも、SHIの3キーロールオーバーでは「し」と直ちに入力されるが、SHAと3キーロールオーバーした場合はSを離したタイミングで「しゃ」と入力されるため、同じ不具合(あるいはハードウェア仕様)をソフトウェア側でハンドリングしていると思われる。

具体的には、該当するキーの3キーの組み合わせの押し下げによって、4キーが同時に押されたような入力が来た時には入力を無視し、キーが離されて2キー同時入力以下になったタイミングで、まだ認識していないキーを入力されたことにしているようである。

このワークアラウンドにより、日本語入力での実利用上は、全く違和感のないテキスト入力が可能となっている。

この症状はpomeraのシステムソフトウェア1.3でも1.4でも確認している。

3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
alt-core

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?