windows標準でMD5などのハッシュ値を出力

  • 11
    Like
  • 0
    Comment

Windowsの標準コマンドでMD5などのハッシュ値を出力する方法です

certutil -hashfile <ファイルパス> [ハッシュアルゴリズム]

例)D:\hoge.exeというファイルのMD5ハッシュが欲しいとき

> certutil -hashfile D:hoge.exe MD5

MD5 ハッシュ (ファイル D:\hoge.exe):
6d 4b 8a 02 89 e5 bf 48 35 96 87 47 0f c8 de 37
CertUtil: -hashfile コマンドは正常に完了しました。

ハッシュ アルゴリズムは以下のものが指定可能
デフォルトはSHA1

  • MD2
  • MD4
  • MD5
  • SHA1
  • SHA256
  • SHA384
  • SHA512

※windows7だとハッシュアルゴリズムは大文字で書かないとエラーになります。
windows8.1や10は小文字でも大丈夫。

certutilコマンドは証明書関連のコマンドのようで、ハッシュ値出力以外にも機能が凄いたくさんある