Rails
ATOM

i18nやpartial view、schema.rb、routes.rbと華麗に連携するAtomパッケージを作った

More than 1 year has passed since last update.

最近Rails用のAtomパッケージを4つ作ったのでその紹介です。

autocomplete-plushyperclickのプロバイダという組み合わせが大半です。


翻訳(i18n)を便利に使う - rails-i18n-plus

screenshot


機能


  • 自動で現在のviewに応じたprefixが補完される

  • 登録済みの翻訳内容を確認しながら補完可能

  • 日時フォーマットの補完にも対応

  • hyperclickで翻訳内容を表示

  • 辞書ファイル変更に応じて自動更新


設定



  • localesPaths: 辞書ファイルを置くディレクトリ


  • priorityOfLocales: この順序に応じて翻訳内容を表示する(例: ja, en)


  • translateMethods: 独自のtranslateメソッドを定義している場合はこちらで指定


  • localizeMethods: 独自のlocalizeメソッドを定義している場合はこちらで指定


パーシャルビュー名を自動補完する - autocomplete-rails-partial

screenshot


機能


  • renderパーシャルの補完


    • 現在位置に近いパーシャルを優先して表示




schema.rbを参照した自動補完や定義元にジャンプする - rails-db-scheme

A screenshot


機能



  • scheme.rbに応じて補完


    • ファイルと変数名に応じてモデルを判断



  • モデルからscheme.rbのテーブル定義にジャンプ


  • scheme.rb変更に応じて自動更新


コマンド



  • rails-db-scheme:open-scheme: 現在開いているモデルからscheme.rbのテーブル定義にジャンプ


URLヘルパーの補完や該当アクションにジャンプする - rails-routes

A screenshot


機能


  • URLヘルパーの補完


    • 現在位置に近いURLを優先して表示



  • URLから該当アクションにジャンプ


  • routes.rb変更に応じて自動更新


コマンド



  • rails-routes:reload: routes.rbからリロード


    • 時々上手く読み込めていないことがあるので暫定対応として用意