議事録
etherpad-lite

etherpad-liteで議事録をつくる

More than 1 year has passed since last update.

目的

  • ひとりが議事録を担当するのは大変なので他の参加者もフォローしたい
  • 打ち合わせの場で議事録の訂正をして、よい議事録を残したい
  • クラウドサービスは使えない立場

前置き

etherpadとはオンラインテキストエディタです。
自前のサーバー上で構築が可能です。
ここでは、構築手順を記載します。

環境

  • Windows10

インストールするもの

etherpad-lite

環境構築手順

etherpad-liteのダウンロード

ここからダウンロード
etherpad-Download

settings.jsonの修正

users 要素のコメントアウトを外すLine126~137

/*
  "users": {
    "admin": {
      "password": "changeme1",
      "is_admin": true
    },
    "user": {
      "password": "changeme1",
      "is_admin": false
    }
  },
*/

etherpad-liteの起動

start.batを実行したら、webブラウザ上でhttp://localhost:9001

image.png

image.png

(さいごに)etherpad-liteの利活用

こんなことができればよいのでは?

準備

  • chatbotに、どの会議体を始めるのか伝える
  • chatbotが、その会議体にあったテンプレを書いたetherpadのページURLを展開する
    (前回のアクションアイテムなんかも出してくれるとより良い)

作成

  • 基本は一人が記録する
  • 参加者は、記録内容に指摘があればチャットで指摘する
  • 資料の格納先やキーワードの説明など、補足情報があれば参加者も議事録に追記する

事後

  • エクスポートしたテキストをchatbotに渡す
  • chatbotがGitHub Issueに追加してそのURLを展開してくれる
  • Issueに対して、承認権限を持つ人がコメントすれば記録に残る