LoginSignup
2

More than 5 years have passed since last update.

【AWS re:Invent】Monday Night Liveで発表されたAmazon SageMaker Neoについて

Last updated at Posted at 2018-11-27

11/27 6:24 AWSのYoutubeアカウントからプレゼン動画がリリースされたのでリンクを張りました.


docomo Developer supportの赤塚です.

AWS re:Invent 2018Monday Night Liveで下記のリリースがアナウンスされました.AWS News Blogでも早速記載されていますが,現時点では本投稿で記載のAmazon SageMaker Neoの記載はありません.

  • AWS Global Accelerator
  • AWS Transit Gateway
  • Amazon EC2 A1 Instances
  • 100 gigabit networking
  • Amazon EC2 C5n Instances
  • Amazon EC2 P3dn Instances
  • Elastic Fabric Adaptor
  • Amazon SageMaker Neo
  • Firecracker

001.png

発表されたAmazon SageMaker Neoについて記載いたします.

Amazon SageMaker Neo

Train models once, and run/deploy them anywhere

Youtube動画
AWS re:Invent 2018 - Announcing Amazon SageMaker Neo ←追加(11/27 6:24)

Amazon SageMaker Neoはディープラーニングのモデルコンパイラです.一回の学習で複数のハードウェアに最適化されたモデルを作成することができます.ハードウェアごとに最適化されることにより,パフォーマンスが従来の最大2倍まで改善されます.パフォーマンスが指しているのが認識時間,学習時間,認識精度のどれを指しているのかがわからないです.

今週リリースされるようです

002.png

以下に簡易的な処理フローが記載されています.利用可能なフレームワークとしては①AWSが公式サポートしているmxnet,②デファクトのTensorflow,③Deep Learningの利用者から最近人気が高いPyTorchがサポートされる予定.

005.png

ハードウェアパートナー

004.png

Amazon SageMaker Neoはオープンソース化されるようです.

003.png

ハードウェアの最適化をAWSが実施してくれることで,データサイエンティストはハードウェアを意識せずに学習アルゴリズムの開発に専念できること,様々なデバイスに対する機械学習の適応が容易になることにより,今後Amazon SageMakerを利用したサービスの範囲が拡充するように思いました.

どうでもいいことですが,日本語だとNeoはネオと発音しますが,英語だとNeoはニオと発音します.


参考までに,[AWS re:Invent 2018] Registration と SWAG と 会場の雰囲気を見て頂ければre:Inventの会場の雰囲気がわかると思います.

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
2