AWS
reinvent
SageMaker

【AWS re:Invent】Monday Night Liveで発表されたAmazon SageMaker Neoについて

11/27 6:24 AWSのYoutubeアカウントからプレゼン動画がリリースされたのでリンクを張りました.


docomo Developer supportの赤塚です.

AWS re:Invent 2018Monday Night Liveで下記のリリースがアナウンスされました.AWS News Blogでも早速記載されていますが,現時点では本投稿で記載のAmazon SageMaker Neoの記載はありません.


  • AWS Global Accelerator

  • AWS Transit Gateway

  • Amazon EC2 A1 Instances

  • 100 gigabit networking

  • Amazon EC2 C5n Instances

  • Amazon EC2 P3dn Instances

  • Elastic Fabric Adaptor

  • Amazon SageMaker Neo

  • Firecracker

001.png

発表されたAmazon SageMaker Neoについて記載いたします.


Amazon SageMaker Neo

Train models once, and run/deploy them anywhere

Youtube動画

AWS re:Invent 2018 - Announcing Amazon SageMaker Neo ←追加(11/27 6:24)

Amazon SageMaker Neoはディープラーニングのモデルコンパイラです.一回の学習で複数のハードウェアに最適化されたモデルを作成することができます.ハードウェアごとに最適化されることにより,パフォーマンスが従来の最大2倍まで改善されます.パフォーマンスが指しているのが認識時間,学習時間,認識精度のどれを指しているのかがわからないです.

今週リリースされるようです

002.png

以下に簡易的な処理フローが記載されています.利用可能なフレームワークとしては①AWSが公式サポートしているmxnet,②デファクトのTensorflow,③Deep Learningの利用者から最近人気が高いPyTorchがサポートされる予定.

005.png

ハードウェアパートナー

004.png

Amazon SageMaker Neoはオープンソース化されるようです.

003.png

ハードウェアの最適化をAWSが実施してくれることで,データサイエンティストはハードウェアを意識せずに学習アルゴリズムの開発に専念できること,様々なデバイスに対する機械学習の適応が容易になることにより,今後Amazon SageMakerを利用したサービスの範囲が拡充するように思いました.

どうでもいいことですが,日本語だとNeoはネオと発音しますが,英語だとNeoはニオと発音します.


参考までに,[AWS re:Invent 2018] Registration と SWAG と 会場の雰囲気を見て頂ければre:Inventの会場の雰囲気がわかると思います.