brew cleanupでMacを掃除してストレージ容量を確保する方法

いつのまにかMacのドライブの容量が少なくなってきたなんてことがよくあると思います。
そんなときは、不要なファイルを削除する等の掃除をすると思いますが、brew cleanupを叩くとよいです。
このコマンドが何をするかというと、brewが管理している以前のバージョンのソフトウェアのキャッシュを削除します。
このコマンドを打つと、ズララっと羅列されて最後に削除したキャッシュの合計を表示します。
-sをつけると最新のキャッシュまで削除します。特に問題ないので自分はこのオプションを付けて実行しています。

スクリーンショット 2017-03-02 00.51.07.png

スクリーンショット 2017-03-02 00.51.19.png

スクリーンショット 2017-03-02 00.51.31.png

はい、25GBのディスクスペースが空きました。

また、caskは以下で消せます。

$ brew cask cleanup --outdated
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.