search
LoginSignup
11

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Linux環境でのpyenvでPythonのAnaconda環境構築メモ

データサイエンティストを目指す人のために。

pyenv:様々なバージョンのPythonを管理するツール。導入することで,Python v2系とv3系など,複数のバージョンの切り替えが容易になる。

Anaconda: Python本体に加え,科学計算やデータ分析などに使えるライブラリがセットで入っているパッケージ。

Anaconda is a free collection of powerful packages for Python that enables large-scale data management, analysis, and visualization for Business Intelligence, Scientific Analysis, Engineering, Machine Learning, and more.

環境

Linux (Ubuntu, CentOS等)
※gitはインストールされている前提で進めています。現代の標準的な環境ではインストール済/入ってないような環境を扱っている方々はご自身でインストール可能かと思いますので..

メモ

コマンドはターミナル上にそのまま入力。「\$」以降がそれぞれ一つのコマンドとなってます。「\$」マークは入力不要です。

1.pyenvのインストール

pyenv installerを使うことで一瞬でインストールが行えます。
pyenvも標準的なプラグインも同時にインストールを行います。

Terminal
$ curl -L https://github.com/pyenv/pyenv-installer/raw/master/bin/pyenv-installer | bash

コマンドを実行すると下部に以下のような表示が出ると思います。

Terminal
WARNING: seems you still have not added 'pyenv' to the load path.

# Load pyenv automatically by adding
# the following to ~/.bashrc:

export PATH="/home/user_name/.pyenv/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"
eval "$(pyenv virtualenv-init -)"

(user_name部分は人によって変わります)

.bashrc (bashの設定ファイル)に書き込んでほしいとあるので,書き込みます。

Terminal
$ echo 'export PATH="~/.pyenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(pyenv virtualenv-init -)"' >> ~/.bashrc

/home/user_nameはユーザーのホームディレクトリを表しているので,'~'に置き換えてしまいました (同じ意味です)。
~/.bashrcの箇所は最初の出力文(# the following to ~/.bashrc:)に合わせて変更を行ってください。
例えばbashではなくzshを使ってる人は~/.zshrcと出るかと思います。

シェルを再起動します。

Terminal
$ exec $SHELL -l

pyenvをアップデートします。

Terminal
$ pyenv update

2.Python (Anaconda) のインストール

pyenvでインストール可能なPython確認

anacondaの最新バージョンを確認します。
pyenvでインストール可能なバージョン一覧を表示します。

Terminal
$ pyenv install -l

※pyenvはかなり色んなものをインストールできるので,anacondaだけみたいという場合は,
$ pyenv install -l | grep anacondaとします。

Python version 3系を使いたい方

Terminal
$ pyenv install anaconda3-4.0.0
$ pyenv global anaconda3-4.0.0

Python version 2系を使いたい方

Terminal
$ pyenv install anaconda-4.0.0
$ pyenv global anaconda-4.0.0

3.確認

Terminal
$ python --version

Python 3.5.1 :: Anaconda 4.0.0 (x86_64)
のように出れば導入成功です。(v.3系の場合)

4. Pythonバージョンの切り替えについて (pyenvの使い方)

Terminal
$ pyenv versions

でpyenvでインストールしたpythonのバージョンが確認できます。

Terminal
$ pyenv global anaconda3-4.0.0

のようにしてpython 3 (この場合はanaconda3-4.0.0)を使うように指定できます。
他のバージョンへの切り替えも同様に行えます。

また,新しいAnacondaやPythonバージョンのインストールは,

Terminal
$ pyenv install -l

でインストール可能なpythonバージョン一覧を表示し,

Terminal
$ pyenv install ふぇぇ

で指定したバージョンをインストールできます。

※本来ならばAnacondaはバージョン管理機能も持っているため,複数のAnacondaを入れる必要は必ずしもありません。私はpythonのバージョン管理はpyenvのみで行うようにしているため,複数のAnacondaを入れています。
また,Anacondaを直にインストールすると他のプログラムと競合する可能性があるため,pyenv経由で入れています。
(うまくPATHの設定を行えば大きな問題は起こらないとも聞いてます)

何かご不明な点,誤り等ございましたらコメントお願いします。

mscOS版:HomebrewのインストールからpyenvでPythonのAnaconda環境構築までメモ

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
11