Help us understand the problem. What is going on with this article?

UbuntuでOneDriveを使う

More than 1 year has passed since last update.

UbuntuでOneDriveのファイルを使うにはブラウザ越しにダウンロード/アップロードする必要があり使い勝手が悪いです。Windows10ではエクスプローラ上に OneDriveのフォルダが自動的に表示されていて、ネットワークの向こう側だとか全然気にせず使えて非常に便利です。
Ubuntuでも、Windows10と同等の使い勝手を手に入れましょう。

TL;DR

覚え書きです。SSとってなかったので文字ばっかです…
ググるとonedrive-dというのが結構出てくるんですが、githubが404でした。
なので OneDrive Free Clientを使います。
実は、ここの READMEか下記参考リンク先を読めば、このあとは読む必要ありません。
※ コメントでいただいた通り、skilion/onedriveは最新版のcurlに対応していないので、こちらabraunegg/onedriveを使用した方がよいと思います。手順の変更箇所は、git clone元を変更すれば大丈夫です。

abraunegg/onedriveのREADMEが色々書いてあって詳しいので是非読んでみてください。

環境

Ubuntu16.04 64bit版を使いました。

必要なソフトのインストール

下記が必要なのでインストールします。
- libcurl
- SQLite3
- Digital Mars D Compiler

コマンドはこんな感じで、Dコンパイラのバージョンは適宜変更して下さい。

$ sudo apt-get install libcurl4-openssl-dev libsqlite3-dev gdebi
$ wget http://downloads.dlang.org/releases/2.x/2.073.2/dmd_2.073.2-0_amd64.deb
$ sudo gdebi dmd_2.073.2-0_amd64.deb

OneDrive Clientのインストール

適当なディレクトリにクローンして makeします。

$ git clone git@github.com:skilion/onedrive.git
$ cd onedrive
$ make
$ sudo make install

設定ファイルのコピー

クローンした設定ファイルを、設定ファイル用ディレクトリにコピーします。

$ mkdir -p ~/.config/onedrive
$ cp ./config ~/.config/onedrive/config

この configファイル内のsync_dirを変更してやれば、同期するディレクトリを変更できます。

サービスの起動

OneDriveのサービスを起動します。

$ systemctl --user enable onedrive
$ systemctl --user start onedrive

初回起動

サービスが起動したら、onedriveコマンドを実行します。

$ onedrive

ターミナルにメッセージが表示されます。
Authorize this app visiting: のあとに URLが表示されるので、これをコピーしてブラウザでアクセスします。
Microsoftアカウントのログイン画面になるので、OneDriveを使用するアカウントでログインします。
Let this app access your info?と聞かれるので、OneDriveクライアントから操作できるようにするためYesボタンを押します。
すると、白紙のページが表示されるので、そのページの URLをコピーします。
ターミナルで先ほどコピーした URLの更に下の方にEnter the response uri:と表示されているので、いまコピーした白紙ページの URLを貼り付けます。
すると、OneDriveとの同期が始まります。

次回以降の起動

Startup Applicationsonedrive -mを登録しておきます。
※ 上記は実行する必要がありません。詳しくはコメントを参照下さい。

参考リンク

http://linux-user.hatenablog.com/entry/2016/09/07/110610

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした